『俺のハンバーグ 〜フォアグラチーズ in ハンバーグ〜』

写真拡大

いつも「うまい肉」を愛読いただいている“肉好き”のみなさま、中でもハンバーグ好きの方にはおなじみの名店『俺のハンバーグ山本』。実はこの6月にこの特徴的な「俺の〜」という店名を“卒業”したことを知っていますか?

【肉】メガ超えの「ペタ盛り」! 秋葉原の“牛・豚・鶏3140g”超絶肉プレート実食レポ【喰えるもんなら喰ってみろ】

いまや各地に増え続ける「俺の〜」という屋号の元祖である『俺のハンバーグ山本』。他店との混同を避けるための、元祖がくだした苦渋の決断でした。

しかしそれでも大事な「俺の〜」の屋号を、やはり残したい――そんな想いから生まれたのが、今月渋谷にオープンした新店『俺のハンバーグ シュシュ渡辺』。(詳しくは前回記事→ フレンチの技を加え進化!『俺のハンバーグ シュシュ渡辺』“フォアグラチーズ”ほか必食メニュー登場)。こちらもハンバーグ好きから人気の「広尾ハンバーグ」を手がけた渡邊高志シェフが、フレンチの技を加えた絶品ハンバーグを提供するお店とのこと。

今回はその試食会に参加し、「俺の〜」の名を受け継ぐ注目ハンバーグを実食してきました!

サイドメニューからして、本気だ…

今回試食させていただいたのは、看板メニュー「俺のハンバーグ 〜フォアグラチーズ in ハンバーグ〜」(単品1,450円/セット・ご飯、味噌汁、ミニサラダ付き1,750円)。

一体どんなハンバーグなのかとワクワクしていると、まず運ばれたのは、小さなグラスに注がれたオレンジ色の液体。こちらはお客さん全員に提供される特製野菜ジュースです。

その日によって材料がかわるそうで、この日はにんじんベースにりんご、バナナ、オレンジがミックスされた仕上がり。にんじんの自然な甘みが、食事前の舌を心地よく潤してくれます。

続いて登場したのは、ん? オシャレな鉢植えかな? という感じの、縦に長い器からいきおいよく盛り上がったみずみずしい葉っぱ。こちらはお店自慢のサラダで、山盛りのわさび菜に、鎌倉野菜のにんじんがあしらわれています。

使用しているドレッシングは2種類。まずはフレンチドレッシングのさわやかな味わいで食べ進めると、奥からコク深いオリジナルのザーサイドレッシングがあらわれるという2層構造がおもしろい!

わさび菜のピリリとした味わいで食が進みます。さらに見た目以上のボリュームもうれしいところ。うーん、サイドメニューからして、お店の本気がビンビン伝わります。

ついにハンバーグ登場、口の中が(いい意味で)大変なことに…!

そしてついに本丸、「俺のハンバーグ 〜フォアグラチーズ in ハンバーグ〜」の登場! 想像以上に、で、でかい!

シェフの渡邊さん曰く、渋谷に出店するということで、お腹を空かせた若者に満足してほしいという想いから、ハンバーグのボリュームにもこだわったのだそう。しかもご飯もおかわり自由とは嬉しい限り!

さっそくハンバーグに箸を入れると、とろーりチーズが絡んだふっくらジューシーなお肉からは肉汁が溢れ、さらにその中からふわとろフォアグラと中からもチーズがたっぷりとろけて――食べる前からすでに失神モノのビジュアルです。

いざ口に含むと、お肉、チーズ、フォアグラの三位一体、それを優しく包み込むソースのコクが絡み合い、口の中の多幸感がものすごいことに……これは、おいしい。ものすごくおいしい。おいしいぞお……!

フレンチの技術が遺憾なく発揮された上品な味付けながら、定食スタイルでの提供とあって、白飯との相性もバツグン! 付け合わせの野菜(こちらも大ぶり&新鮮!)は実は和風に味つけされているなど、細かいところにまでこだわりぬいたひと皿になっているのです。

もちろん、他にも注目メニューはたくさん。さらには+600円でハンバーグをダブルにできたり、ミニカレーやミニハヤシをセットにできたりと、たまらないサービスがいっぱい。

「おいしいものを、おなかいっぱい食べたい――」

これって食べるのが好きな人の究極の願いです。そんな願いを質・量ともにガッツリ引き受けてくれる『俺のハンバーグ シュシュ渡辺』は、「俺の〜」の屋号を受け継ぐにふさわしい大大大信頼できるお店と言えるでしょう。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。