16日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の長寿の秘訣について分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月16日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の長寿の秘訣について分析する記事を掲載した。

世界保健機関(WHO)のデータによると、日本人の平均寿命は83歳で、中国より10歳ほど上回っている。記事では、室内環境と寿命には大きな関係があると主張。日本では建築材料に対する要件が欧米よりも厳しいことが長寿に結びついているとした。一方の中国は、建築材料に対する要件が欧米よりも緩いと指摘した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「全体的な民度が根本的な問題だと思う」
「中国で70歳まで生きられたらそれは奇跡」
「60歳まで何事もなく生きられればそれでいいよ」

「中国は毒の国。食べ物、住居、おもちゃ、聞くもの、吸うもの、すべてに毒がある。気管支炎、結石、がんはすべて世界一」
「中国人は昔から同胞を害してきた。移民する人は頭が良くてお金がある人だ」

「中国の食品は、すぐに命に関わるものでなければすべて合格」
「日本人の食べるものは安全で健康的。でもさっぱりしすぎて中国人の口には合わない」

「中国にはお金のためなら人の命を危険にさらしてもなんとも思わない人がいるからな」
「中国人に必要なのは古代の人が残してきた『真』、『善』、『美』だ。これらを取り戻すことができれば希望はある」(翻訳・編集/山中)