6月18日(土)

Bonjour! いよいよWEC 2016年 第3戦 ル・マン24時間レースがスタートしました! スタート時は強い雨が降っていましたが、実はスタート前は晴天だったんです。毎日不安定な天候で、レース中も油断できませんね。

1

動画を見るにはこちら

海外で見る「日の丸」、聞く「君が代」はなんとも日本人であることを再認識させてくれますね。

スタート前にピットウォークとグリットウォークが行われました。マシンを近くで見れる&コース上を歩けるなんて、ル・マン大好きな私にとって最高の時間です! 早速行ってみましょう!!

全部で60台のマシンが参加するとだけあり、ピットロードがとにかく長い! お目当てのチームのガレージまで行くのも一苦労でした。

 

アウディのマシンを見に行ったのですが、凄い人だかりです。なかなか前に行く事ができず、写真を撮る事ができませんでした(涙)。ポルシェは撮影成功! 昨年のチャンピオンだけあって、オーラがあります。

サーキットではおなじみの、ピットレーン上にあるこのカメラ。24時間一生懸命働いてくれることでしょう。結構スピードが出ているイメージですが、最高速はどのくらいなのか?気になるところです。情報求む!

観客席から大歓声が聞こえてきました。まだスタートもしていないのに、何事かと思い見に行ってみるとキレイなお姉さんがTシャツをエアガンのようなものでポンポン飛ばしているではありませんか! お客さんもお姉さんも大盛り上がりでした。スタート前にこんなにも盛り上がるサーキットはかつて見たことがありません! ル・マンの魅力のひとつですね。

 

ぞくぞくとコース上にマシンが並べられます。これからこの場所で24時間の耐久レースが始まるのかと思うと、私まで緊感してきちゃいました。

 

我らがトヨタを発見! コックピットの上にはシルバーのカバーがかけられていました。日差しも強く気温も上がってきていたので、コックピット内の温度を上昇させないための日除けでしょうか?

そして、グリッドウォークでは幸運なことに、目の前でトヨタTS050 HYBRID、6号車のエンジン音(ハイブリッドシステム音?)を聞くことができました。こちらです!

動画を見るにはこちら

アイドリング状態でこの音量。実際に走っている時の車内はスゴイ音が響き渡っているんでしょうね。

さて、ここで問題です。

トヨタの5号車と6号車のマシンの見分け方をご存知ですか?フォーミュラカーだとヘルメットの色でドライバーを判断できますが、LMP1-Hクラスのマシンは全くヘルメットが見えません。そこで注目してほしいのが、ミラーとワイパー付け根の色です。5号車が白、6号車が赤になっているので、見分けがつきやすい! ぜひチェックしてみてくださいね!

24時間という長いレース、ゆっくりとですが、だんだんと陽も傾いてきました。ポディウムの真ん中に立つのは一体どのチームなのでしょうか。個人的には、日本のチームが真ん中でシャンパンファイトをしているシーンが見たいです。今日は寝ずに応援します!

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.11】トヨタTS050ハイブリッドシステムのサウンドに興奮![動画](http://clicccar.com/2016/06/19/379934/)