日本代表とポジションを争ったEURO戦士6選

写真拡大

EURO2016も開幕しておよそ1週間が過ぎた。欧州の列強が熾烈なバトルを繰り広げている。

彼らの中には日本代表選手とポジションを争い、その結果今がある選手たちも少なくない。今回は、そんな彼らをピックアップして紹介しよう。

ブリール・エンボロ(バーゼルで柿谷曜一朗とライバル)

柿谷が「化け物」「レアル・マドリーやバルセロナに行ける」と称賛した逸材。カメルーン生まれだがスイスで育ち、2011年にバーゼルの下部組織へ入団。

2014年にリーグ戦にデビューすると、柿谷らを差し置きレギュラーに定着した。

アフリカ出身ならではの分厚い筋肉を持ちながら、ごりごりフィジカルでいくと言うよりは柔らかさがある。そのために、マリオ・バロテッリやティエリ・アンリと比較する声も。

ちなみに柿谷とエンボロと同ポジションにはマーク・ヤンコ(オーストリア代表)もおり、怪我をするまでは大きな活躍を見せていた。

2014-15シーズン 14試合3ゴール(柿谷曜一朗)、27試合10ゴール(ブリール・エンボロ)
2015-16シーズン 4試合1ゴール(柿谷曜一朗)、27試合10ゴール(ブリール・エンボロ)

フローリン・アンドネ(コルドバでハーフナー・マイクとライバル)

ルーマニア生まれだが、11歳の時に父親が他界し、12歳で母とともにスペインへ移住しいちご狩りの仕事をしながら暮らしていたという過去を持つ。

ビジャレアルの下部チームでプレーし、アトレティコ・バルアレスから2014-15シーズンにコルドバへ加入。当初はBチームでプレーしていたが、ハーフナーをベンチ外にまで追いやり先発出場を勝ち取るようになった。

チームは残念ながら降格したもののアンドネは残留。2015-16シーズンは2部で21ゴールを記録した。

僅か1シーズンでエースストライカーとして君臨し、頭、両足からとにかくゴールを量産した。

ユニネームは「FL. ANDONE」とちょっとこだわっている。

2014-15シーズン 5試合0ゴール(ハーフナー・マイク)、20試合5ゴール(フローリン・アンドネ)

マリオ・ゲッツェ(ドルトムントで香川真司とライバル)

ドイツ代表のマリオ・ゲッツェと香川と言えば、ドルトムントのトップ下のポジションを争った中であり仲が良いことでも知られている。

ポジション争いではトップ下は香川に譲り、ゲッツェはサイドでプレー。香川がマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前には残留を説得したと言われている。

そんなゲッツェも現在はバイエルン・ミュンヘンへ移籍。しかも、ポジションを失い出場機会がないだけに今夏ドルトムントへ復帰するのではないか?と見られている。

2010-11シーズン 18試合7ゴール(香川真司)、33試合6ゴール(マリオ・ゲッツェ)
2011-12シーズン 31試合13ゴール(香川真司)、17試合6ゴール(マリオ・ゲッツェ)

ジョゼ・フォンテ(サウサンプトンで吉田麻也とライバル)

サウサンプトンで吉田とコンビを組み、時にはポジションを争うのがジョゼ・フォンテだ。

スポルティング・リスボンの下部組織に在籍経験もあるが、ポルトガル国内リーグで目立った実績はない。そのためにU-21代表歴がありながらA代表へピックアップされるのに時間がかかったが、EURO2016では初の国際舞台に挑んでいる。

イングランドでは、クリスタル・パレスを経て2009-10シーズンにサウサンプトン入り。当時、リーグワン(3部)に在籍していたが、今では立派なプレミアリーグレギュラーである。

吉田は加入初年度こそ成績が良かったが、怪我などもありその後は苦戦。時にはサイドバックに追いやられるなど、チーム内でのポジション争いではジョゼ・フォンテに1歩先んじられている状況が続いている。

2012-13シーズン 32試合0ゴール(吉田麻也)、27試合2ゴール(ジョゼ・フォンテ)
2013-14シーズン 8試合1ゴール(吉田麻也)、36試合3ゴール(ジョゼ・フォンテ)
2014-15シーズン 22試合1ゴール(吉田麻也)、37試合0ゴール(ジョゼ・フォンテ)
2015-16シーズン 20試合1ゴール(吉田麻也)、37試合2ゴール(ジョゼ・フォンテ)

ナイアル・マクギン(セルティックで中村俊輔とライバル)

北アイルランドのメッシとも例えられるマクギンが最初にぶつかった壁がセルティックの中村俊輔であった。

2008-09シーズンの途中に北アイルランドのクラブからスコットランドの名門に移籍した彼はリーグ戦1試合も出場することができなかった。

左右のウイングを務める彼の前には中村俊輔が仮に出場しなくてもエイダン・マクギーディ、ショーン・マロニーらが控えていた。

子供のころファンだったというセルティックで彼は苦しんだ。気が付けば、「サイドバックでプレーさせてはどうか?」というコンバート案も囁かれた。

結局、ブレントフォードへのローンを経て、移籍したアバディーンでスコットランドリーグ20ゴールのブレイクを果たす。

今では北アイルランドに欠かせない戦力になっている。

2008-09シーズン 32試合8ゴール(中村俊輔)、0試合0ゴール(ナイアル・マクギン)

ジェイミー・ヴァーディ(レスターで岡崎慎司とライバル)

気が付いたら“最強の2人”になっていた。レスターでのヴァーディと岡崎の関係性を語るには、そんなうたい文句がふさわしい。

マインツから岡崎が加入した後、ヴァーディはカジノで「ジャップ」と東アジア人に対する人種差別発言をしたことにより処分を受けていたからだ。これを見て、ヴァーディと岡崎はうまくいかないのではないか?そう思った日本人は少なくないはずだ。

だが、開幕をしてみればポジション争いをする二人はいつしかコンビを組むようになっていた。前年度レギュラーで11得点をあげたレオナルド・ウジョアをスーパーサブに追いやり、前線から二人で守備をする姿はレスター躍進の代名詞の1つになった。

かつて医療用の副木を作る仕事をしていたノンリーグあがりのストライカーは、今ではイングランド代表としてEUROで得点をあげるほどに成り上がった。

2015-16シーズン 36試合5ゴール(岡崎慎司)、36試合24ゴール(ジェイミー・ヴァーディ)