海産物は日本人にとって古くから現在に至るまで主な食材であり、栄養の源である。日本人は魚を食べる上で、どのような経験があるのか。

写真拡大

日本は平均寿命が世界で最も長い国だ。これは食生活と密接に関係しており、和食もまた世界で最も健康的な料理と賞されている。「山では山のものを、海では海のものを食べよ」と言われるように、海産物は日本人にとって古くから現在に至るまで主な食材であり、栄養の源である。日本人は魚を食べる上で、どのような経験があるのか。生命時報が伝えた。

【その他の写真】

■日本人が最も好む魚とは?
世界で日本人ほど魚を好んで食する国はないだろう。毎年1人あたりの魚消費量は100キロ以上、これは米の消費量を越えている。日本の沖縄県は100歳以上の老人の比率が世界のほとんどの地域と比べ常に大きく上回っている地域だ。沖縄国際大学の専門家による長年の研究結果によると、魚を食べること、特に海の魚を食べることが彼らの長寿の主な秘訣だという。

中国人も魚を好んで食べるが、そのほとんどが淡水魚や浅瀬に住む海の魚だ。日本人がより好むのはマグロやサーモン、サケ、ウナギといった魚で、これら海の魚は身が引き締まって味もよく、栄養価も淡水魚に比べて非常に高い。DHAが多く含まれているほか、不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸も豊富で、高血圧や心臓病の発病率を抑える働きがある。また日本人が好むタコ、サンマ、カキなどの海産物にはタウリンが豊富に含まれており、コレステロールの低下や中性脂肪の減少に役立つ。

■最も追求するのは鮮度!
日本人が魚を食べる際に最も気を使うのがその鮮度だ。刺身や寿司に使われるのは全て鮮魚であり、高級な日本食レストランになると、全てその日に捕った新鮮な魚が使われる。スーパーの鮮魚コーナーでは夜7時以降になると半額セールを行うのも、日本人は普通「日が経った魚」は食べないためだ。

日本人の魚の調理方法は主に刺身や焼き物、揚げ物となる。刺身にはわさびと醤油をつけてそのまま食べ、焼き魚は魚を直接火であぶり焼きにし、焼きあがった魚に塩やレモン汁を添えて食べる。また日本人が好むタラは衣をつけてフライにしたり、アユは天ぷらにしたりと、揚げて食べるとその美味しさが一層増す。

■魚を食べる時の三大薬味はワサビ、レモン、ショウガ
日本人が魚を調理したり、食べる時には、あまり数多くの調味料などは使わない。食べる時に使うのは基本的にワサビ、醤油、塩、ショウガぐらいだ。なかでもワサビは非常に高い解毒効果があり、海産物の毒消しをしてくれる。鼻につくようなその匂いの主要成分は異チオシアン酸塩で、この成分は虫歯を予防するだけでなく、がん予防や喘息治療をサポートする上でも一定の効果が認められている。ショウガは血液循環を促し、体の冷えを解消する作用があり、またレモンはあらゆる海産物に合い、その臭みを取り除き、味を調えてくれる。

■旬の魚を食べる
日本人が魚を食べる際にはその季節を重んじ、旬の新鮮な食材を食べることが、体にいいと考えられている。毎年3〜5月にはアイナメ、イカ、ハマグリ、イサキ、ニシンなどが日本人の食卓に並ぶ。この時期、これらの魚は最も味が良く、卵が多い時期でもあるためだ。6〜8月になると、アジ、アワビ、ウナギ、アユ、クロダイなどが主役となる。これらの魚は夏の時期、その身が最も肥える時期だからだ。秋はアナゴ、カレイ、ヒラメ、サンマ、マグロの天下となり、冬はタラ、サバ、マグロが一番おいしい時期となる。

■魚を食べる上での専門家からのアドバイス
日本人が魚を食べる時には刺身や焼き物、揚げ物などの調理方法が用いられ、大変美味であるが、その弊害もあることを忘れてはならない。刺身には大量の寄生虫がおり、焼き魚には塩をふった上でさらに醤油をつけて食べるので、塩分の取り過ぎとなる。日本政府も日本食レストランに対し、生食の調理方法に関して厳格な規定を遵守することを要求している。特に小中学生の給食については、基本的に生食の供給は取り消されている。

中国の老年医学学会栄養食品安全分会の副会長である周春凌氏は「日本人の魚の食べ方を学び、その優れた点を取り入れ、海の魚や様々な種類の魚を食べるべきだ。しかし、調理する場合は、高温による調理や事前に冷凍処理された魚を使用することで、寄生虫病などを避けることができる。焼き魚も薄い味付けでレモンや生姜などで味を調えるといいだろう」とアドバイスしている。(提供/人民網日本語版・編集TG)