京都・嵐山の「法輪寺」で星空を楽しむ「宙フェス」開催決定 - 屋形船に揺られながら優雅に空を見上げる

写真拡大

様々な星空の楽しみ方を集めたイベント「宙フェス」。2016年10月9日(日)、京都嵐山「法輪寺」を中心に、3つのエリアを繋いで開催される。

宙フェスは「上を向いて遊ぼう!」を合言葉に、アート・サイエンス・アウトドアなど様々な観点から、星空の楽しみ方を提案。2014年の発足以来、参加人数は年々増加し、3回目の開催を目指している。舞台となるのは宇宙を意味するご本尊をまつる京都嵐山「法輪寺」だ。

イベントの目玉は、メイン会場「法輪寺」と対岸の小倉百人一首ミュージアム「時雨殿」を結ぶ屋形船「嵐響夜舟」。宇宙遊泳気分を味わう、をテーマに嵐山の屋形船がお月見船として運行される。屋形船に揺られながら優雅に月や星空を楽しむことができる。

「宙トーク」は雅楽師 東儀秀樹

星空や宇宙にゆかりの深い出演者による「宙トーク」では、雅楽師・東儀秀樹が登場。そのほか、書籍「宇宙女子」を刊行した黒田有彩や 天文学者の縣秀彦、お天気キャスター山岸愛梨らが出演する。

法輪寺の展望台がカフェに

メイン会場の「法輪寺」は渡月橋や小倉山を見渡せる嵐山を代表する絶景スポット。ここでは、宇宙や星空に関連するワークショップや嵐山を一望できる展望台からの景色が楽しめる「宙×カフェ」を展開。「星カフェSPICA」「イクラ食堂」「星蔵」などが宇宙をテーマにしたカフェが集結ほか、岡山の酒造メーカー多胡酒造の宇宙ラベルビールも発売予定。 。

また、小倉百人一首ミュージアム「時雨殿」では、宇宙や星空がモチーフにしたネイルやアロマ・ファッショングッズの販売やが予定されている。

詳細

宙フェス2016 〜宙旅 cosmic trip〜
開催日時:2016年10月9日(日)
※10月10日(月)はサテライトイベントを予定
開催場所:虚空蔵法輪寺・小倉百人一首殿堂時雨殿・大堰川ほか
住所:京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
入場料:ひとり800円(時雨殿入館料500円込)
※未就学児は無料、小学生は保護者同伴に限り無料
※嵐響夜舟は別料金
チケット購入方法:イベント当日、会場にて入場リストバンドを購入


[写真付きで読む]京都・嵐山の「法輪寺」で星空を楽しむ「宙フェス」開催決定 - 屋形船に揺られながら優雅に空を見上げる

外部サイト

  • 「青参道アートフェア2016」表参道&青山のファッションストアや人気カフェが展示スペースに
  • 東急プラザ銀座がオープン、日本初上陸ギリシャレストラン「アポロ」や東急百貨店による「ヒンカ リンカ」
  • 表参道イルミネーション2016 開催決定 - 表参道のけやき並木が、約50万の光で幻想的空間へ