自分のお腹で足が見えない…結婚後に太ってしまった女たちの悲しい現実

写真拡大

人間の身体は年齢を重ねるとともに代謝が落ちてしまうもの。そのことが要因となって私たち女性を悩ませるのが「なかなか減らない体重」ですよね…。

若い頃と同じように食べているだけなのに、なぜか体重が増えてくるという人は多いのでは? とくに女性は、妊娠・出産などで身体の変化が大きいですよね。

今回は、結婚後に太ってしまった既婚女性100人に「痩せていたときにはわからなかった悲しい変化」について聞いてみました。

みんなで笑って、溜まりに溜まったぜい肉を吹き飛ばしましょう!
身が重い・すぐに息があがる
周囲の人は気づかないかもしれませんが、太ると身体が重いんです! 自分でもはっきりわかる「膝」や「腰」への負荷…。いっそ、労ってほしいくらいです。

­

・「お気に入りの指輪が入らなくなったのが悲しい変化です。周りの反応は変わりませんが、自分で自分が重くなりました」

­

・「太ってしまうと、体が重たくてしかたがないです。それに、服がパンパンになるので、オシャレが恥ずかしいです」

­

・「子どもたちとかけっこをすることになり、まだまだ負けるつもりはなく全速力で走ったのですが、小学1年生の次男にさえ追いつけず…。しかも、次男に『ママ、歩くんじゃなくて、走る競争やで』と言われてしまいました…」

­

・「すぐに息が上がり、知らないうちに鼻の穴が広がってしまう」
お腹周りの肉が邪魔
ジーンズやスカートのウエスト部分に、ぽっこり乗り上げるお腹のぜい肉…。少しなら可愛いものですが、ハミ出るようになると憎さ100倍です。

­

・「3〜4キロ太り、昔買ったスカートは全滅ですし、ローライズのジーンズにぽっこりお腹がドーナツ状にのっかるのを見ながらため息をついています」

­

・「子どもを3人産んでから、お腹のお肉がもたついてしまい、物を拾うときなどに屈むと邪魔でしょうがない」

­

・「太ったことでお腹がだいぶ出てしまい、足元がちゃんと見えない」
異性から声をかけられなくなった
オバちゃん体型になるにつれ、男性から異性として認識されなくなってしまい悲しい…。でも、柔らかい印象になるからか、なぜか同性にはモテモテです❤

­

・「異性からの誘いが少なくなった反面、同性からの誘いが増えるようになった」

­

・「流行りの服を着ても、体型でおばちゃんに見えてしまうのが悲しい。そして、男性に声をかけられなくなった…」

­

・「昔は男性から声をかけられることが多かったのに、今はスルーか、ネタにされることが増えた」
気に入った服が入らない
オシャレに気を遣っていたのはいつの日か…(遠い目)。今は、気になるのはデザインよりも「入るか、入らないか」です! 微妙な体のフォルムに、ショップの店員さんもとまどいを隠せないようです。

­

・「外出先でふと鏡を見たときに、あまりの体の厚さに愕然! “ウエストがなくなる”ってこういうこと?と実感しました。ブティックでは、以前は7号サイズだったのに11号を勧められて大ショック」

­

・「どんな服を試着しても、必ずどこかが苦しい。店員さんが気を使ってくれている感もハンパなく、悲しくなります」

­

・「太ったら、デザインのよい物がなかなか手に入らなくなった。色合いだけでもと、かろうじて流行りのものを見つけて着ているのですが、周囲には“身なりを気にしない人”扱いされてツラい」
周囲に遠まわしに指摘される
「太ったね」と言われているうちが華というもの。遠まわしに心配されたり、感心されたりし始めたら、あなたも“太め”の仲間入り! 慰められれば慰められるほど、「そんなに?」と本人は傷ついてしまうものです。