今季好調の辻、初優勝も目前だ(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ニチレイレディス 2日目◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ニチレイレディス』は2日目が終了。アマチュアの勝みなみがトータル10アンダーで単独首位に立ち、1打差でぺ・ヒギョン、2打差に申ジエ、3打差にイ・ボミと金ナリと韓国勢が“勝みなみ包囲網”を敷く展開だが、“日本人プロ”最上位で最終日を迎えるのは辻梨恵。初日4アンダーから2つスコアを伸ばし、4打差・6位から浮上を狙う。
【関連】ニチレイレディス2日目をプレーバック!LIVE写真館
 2日目の目標は3アンダーだっただけに2つのボギーを悔やんだ辻。3〜4mのチャンスを決めきれなかったことが伸ばせなかった要因だが、「褒められる点はティショットが安定していて昨日から修正できたところ」と評価できる点もあるラウンドだった。
 最終日に向けては「明日は1つでも上にいって、回っているなかで狙えそうなら優勝を目標にしていきますが、まずはスタートしてから精一杯頑張ります」と初日から考える“狙っていく気持ち”を持って挑む。
 今季は『サイバーエージェント レディス』で自己ベストフィニッシュ4位タイを出すまでは2013年の『ニチレイレディス』6位タイが最高。相性の良いコースで『サイバー-』以上の成績を残すために全力で戦う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>