撮影:熊谷仁男

写真拡大

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)〜ただ君を愛してる〜』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開となりました。

今回はドラマから藤ヶ谷さんとW主演を務めた桐島牧生役・窪田正孝さんにインタビュー。

藤ヶ谷太輔『MARS』公開記念ロングインタビュー

映画では牧生の本当の目的、激しい素顔が描かれます。狂気や感情をむき出しにした牧生をどう演じたのか、藤ヶ谷さん、キラ役の飯豊まりえさんといったキャストとのお話も聞いてきました!

狂気的な牧生も演じていて楽しかった

――映画で明らかになった牧生の言動は、一般的にはなかなか理解されない人間性だと思うのですが、それをどうやって受け止めて演じられたのでしょうか?

窪田:難しく考えるというよりは振り切って演じさせていただきました。

ドラマのストーリーから続き、映像のトリックがあって三角関係のように見せておいて、映画では牧生目線のナレーションが入り、牧生の日記の中の物語の延長線上になっていく。

垣間見えていた点と点が1本の線に繋がっていきます。彼は色で言えば黒一色な部分があったので、逆に振りきれて楽しかったです。

――では、けっこう楽しんで演じられていたんですか?

窪田:そうですね、「もうみんないなくなればいい」というような感覚でやっていました(笑)。

フィクションという意味で芝居は嘘を演じるものです。でも、その“嘘の先にある本当”を求めていたい。演じていく上で、それも牧生に求めていた部分でもありました。

――牧生は狂気を秘めた人物ですが、演じられて理解できる部分はありますか?

窪田:(牧生が嫌う)弱いくせに強がってる人って、許せなくはないんですけど、あまりわからないかもしれないですね。

そこは共感できるかもしれない。

弱いんだったらその弱い部分を認めてもらって生きていけばいいんじゃないかなって思います。牧生はまだ未成年で気持ちが一途だし、その一途が逆に残酷になってしまう部分はありますけど、特殊ではなくてもっと普通に捉えていいんじゃないかなって思ったりしました。

――残酷なラブストーリーで重いシーンも多いですが、気持ちがそこに引っ張られたりはしなかったですか?

窪田:引っ張られることはなかったですね。恋愛という部分は自分の役割ではなかったので。

牧生の感情も1つの愛情という形でもあるし、それが屈折してるっていうのが他人から見ると狂気やサイコパスに見えたりするんですけど、本人自身はただ零の狂気に触れていたいというだけだったので。

役割を通して言えば恋愛の部分よりも、狂気というところですね。牧生は人間の裏の顔も全部表に出ているので、時折、表と裏がわからなくなったりする時はありました。

演技は先入観を持たずに監督に染めてもらうタイプ

――撮影現場の雰囲気を教えてください。

窪田:同世代の方と全体を通してずっと一緒にやらせてもらう機会って実はあんまりなかった経験でした。(メインキャスト)5人でいるシーンがすごく多かったので、同世代だから話せることもありました。

みんな『MARS』という現場、学校に来て仕事をして帰るという感じのスタンスで、みんないつも笑っている感じでしたね。

――どんな話題で盛り上がっていたのでしょうか?

窪田:アドリブはかなりありましたね。

アドリブって言っても僕ではなく、零と親友の達也なんですけど。僕はそのシーンにはいないんですけど、「次どうしようか」って話をいつも現場でしているのは聞いていました。

「じゃあ前髪引っこ抜くわ」とか言ってたんですよね(笑)。そういうアドリブだったりも含めて、芝居の話をメイクルームなり憩いの場でしてるのってすごいなって聞いていました。僕自身はあんまり芝居の話をしないので。

――それはやっぱり自分で考えてその場の流れや感覚で演じられるからですか?

窪田:いや、僕は逆に監督に染めてもらう方だと思います。

むしろあまり何も考えていないというか。先入観が入ると変わっていくと思いますし、けっこうコレって決めちゃうとそのイメージを崩せなくなってしまうので、逆にそうならないよういつもニュートラルにいるように心がけています。

恋愛モノの作品を30歳までにはまたやりたい!

――窪田さん自身は今回藤ヶ谷さんが演じた零のような1人の女性を守る役ってやってみたいと思いますか?

窪田:そうですね、30歳までには一度はやってみたいなとは思います。

今まで演じさせていただことはありますが、もう20代もそろそろ終わるので、その中で恋愛モノをまたやってみて、苦手なところに入ってみてもがいてその記憶を染み込ませたまま30代を迎えたいなっていうのは1つの願望としてありますね。

この牧生という役をいただいて台本を読んだ時に、零役が太輔くんって聞いて、なるほどなって思いました。

――そう思ったのはなぜでしょう?

窪田:僕が零と牧生のどちらかでお願いされるなら、間違いなく牧生だろうなって。そういう印象やイメージがあるんだと思いました。

――でも窪田さんが零をやったら、また違う一面を見ることができそうです。

窪田:うーん、「今日は帰さないぞ」とか……ちょっと言えないですよね(笑)。

――視聴者やファンとしては今後そんな窪田さんも見たい気持ちはあります。

窪田:挑戦してみたいなっていうのはありますけどね。どうなるかはわからないですけど……。

どうしても屈折してるように見られてしまうのはあるんです。

自分が気づいていないだけで屈折しているのかもしれないんですけど。でもそうやって型にハマっていくっていうのは良い意味で捉えると“その人にしかできないもの”っていうことにもなる気もしますし。

行き着く先は葛藤と、考えてもしょうがないなっていうところに最終地点はいつも降り立つんですけどね。

――牧生は零に執着していますが、窪田さんが執着するものはありますか?

窪田:あまりモノに対しての執着が正直ないんですけど、テレビのお仕事だったりメディアの仕事なりをさせてもらって、業界というものに良い意味で染まりたくない、と思っていて。

良い距離感を保ちたいし、その中でやっぱり役者でいたい。執着しないようにというか、入り過ぎないようにすることは大事にしています。

――入り過ぎないように距離感など気をつけていることを教えてください。

窪田:仕事は仕事、プライベートはプライベートと完全に切り分けています。

役者の人や現場で一緒になる方はいっぱいいるんですけど、それはあくまで現場での話で、プライベートになるとまったく繋がりはないです。それはけっこう元からなんですけど、1人でいたいっていう(笑)。

自然とそうなっていますね。

狂気的なシーンでは「ごめんなさい」という気持ちも

――今回の映画では飯豊さん演じるキラを突き落とそうとするなど激しいシーンがありましたが、特に気をつけていたことなどありますか?

窪田:飯豊さんには、「芝居ってどうやってやるんですか?」って言われて、「現場でその時生まれたものがすべてじゃないかな」って、あんまり助言とか出来なくて。

キラに限らず零も含め、どれだけその2人の気持ちや裏の顔を引き出せるかというのは牧生の役割でもあったので、極力激怒させられるくらい、対峙するシーンは意識をしてやっていました。

突き落とすシーンはもちろん命綱などを使って安全第一でやっていましたけど、でも牧生の感情として「死んじゃえ」みたいな、そういう気持ちでやっていました(笑)。

――飯豊さんがそういうシーンがあった後、必ず抱き寄せて「大丈夫?」って声をかけてくださったと話していました。

窪田:ああ、そうですね。「いなくなれ」みたいな気持ちはもちろん芝居の中だけの話なので(笑)。

窓から体の半分以上が飛び出ていたのはやっぱり逆の立場だったら怖いので、ごめんなさいという気持ちもあり。「いなくなれ」と「ごめんなさい」という想いが交互したシーンでしたね(笑)。

藤ヶ谷太輔は「引き出してくれるし、安心感で包んでくれる」

――撮影現場では藤ヶ谷さんとはどんなお話をされていたのでしょうか?

窪田:話している内容はくだらないことが多くて(笑)。でも現場で話すよりも映画のPR活動をさせてもらってから2人で一緒にいる時間が多くなったと思います。

4年前くらいにお仕事をご一緒させてもらってから変わらない太輔くんで、明るい楽しい気持ちで『MARS』という映画に入って欲しいなという想いがあったので、けっこう振り切ってちょっとおふざけしながら(笑)、PR活動をさせてもらってました。けど、そうやって出来るのもなんか太輔くんだからですし、1人になるとそれは出せないので、太輔くんの力ってすごいなって思います。

引き出してくれるし、安心感で包んでくれるっていうか。

時に同じ目線に立って友だちにもなってくれるし、1つ上の先輩として接してくれる時もありますし、同じ役者という立ち位置で対等に見てくれているところもある。そういういろんなバリエーションを出してくれるので、つい頼ってしまう部分があるんです。

涙ぐむつもりはなかったのに……思った以上に自分の中に入り込んでいた

――藤ヶ谷さんとの撮影で印象に残ったことを教えてください。

窪田:零とのクライマックスのシーンは、ずーっとやってきた彼への執着っていうものが完全に途切れてああいった形になったんですけど。

言葉ではなくて、3か月間ずっと一緒にやらせてもらって彼の作ってきた零と離れる、っていう気持ちに自然となれたのがけっこう強くて。別に涙ぐむつもりもなかったですし、最後のセリフはわりと牧生なら楽に言える言葉なのかなって思ってたんです。

でも、3か月間の現場での時間っていうのがあの瞬間頭のなかに走馬灯のように流れ出てきて、「太輔くんといろんなシーン撮ったなぁ」っていうのが、あの時すごく思い出せたのはあるんですよね。

それくらい彼の記憶が自分の中に入っていたんだなって思わせてくれた瞬間でした。

――では、あのラストのシーンは窪田さんも牧生と気持ちがリンクしたということですか?

窪田:そうですね、けっこう切り離したいんですけど、どこか想像していたものと全然違うものになったなっていうのはありましたね。

没頭する飯豊まりえに影響を受けた

――映画の見どころを教えてください。

窪田:僕は個人的に、(キラ役の)飯豊まりえちゃんを観ていただきたいな、と思っていて。

どんな時も一番現場にいて、キラとしての葛藤というものもあったと思います。没頭して演じている彼女を見ていて、お芝居をまだ初めたばかりとお聞きしているんですけど、なんかすごく懐かしい気持ちになったりして。

やっぱり場数を踏んでくると慣れてくる部分がどうしてもあって、だんだんその人の枠、型が決まってきちゃうと思うんですね。それを僕自身、今とても壊したいと思っているんですけど。

一途にキラという目線から零への愛情だったり、女性を象徴するキャラクターを演じきって、ドラマの時は本当に女の子の顔をしていたのが映画では1人の女性となっていて。

彼女自身が3か月ですごく変わっていったのを目の前で見させてもらっていたので、零と牧生の間で板挟みになっている彼女の頑張りや、すごく女性を勇気付けるキラというキャラクターをぜひ観ていただきたいと思います。

――飯豊さんの演技や姿勢に影響を受けて窪田さん自身が変わった部分や気づいた部分はありますか?

窪田:僕自身、いつも初心を忘れないようにしていて。

まだ振り返るには早すぎるんですけど、芝居を始めてもう少しで10年で、純粋に芝居を頑張りたいっていう想いを改めて目の前で見させてもらった気がします。その頑張り方だったり、見せつけられたものがあって、彼女のあの頑張りに応えなければ申し訳ないなっていう気持ちになりました。

――では、意外と引っ張って行ってもらった部分もあったんですか?

窪田:そうですね。だから本当に一番の主役は彼女じゃないかなっていうのは試写を観た時からずっと思っていて。零と牧生が暴れれば暴れるほど、彼女が板挟みになって、その暗闇の中でまっすぐ一筋の光を見つけて頼りない手綱を掴んでいく。

そういう姿勢に飯豊さんが本当になっていたので、憑依型だなと思いましたね。

――ありがとうございました!

ちなみに、「どんな手を使ってでもしたいくらい好きなことは?」という質問に、「洗車したいですね」と答えた窪田さん。「時間があれば1週間に1回は洗車したい」「雨が降る前に洗車してワックスコーティングするべき」など、車好きな一面も覗かせました。

そして、ニュートラルな気持ちで演じるという窪田さんですが、猟奇的な牧生の姿はさすが! 共演したキャストからは鳥肌がたったという話も。

牧生の純粋がゆえの真っ直ぐな姿を劇場で確かめてください!

【特集】藤ヶ谷太輔&窪田正孝『MARS』の裏側、追っかけマ〜ス!特集ページ