韓流文化の影響の拡大と地理的優位性から、韓国を留学先に選ぶ中国人学生がますます増えつつある。韓国政府も地方経済活性化の原動力として、中国人留学生に着目する動きがでている。写真は韓国の中華街。

写真拡大

韓流文化の影響の拡大と地理的優位性から、韓国を留学先に選ぶ中国人学生がますます増えつつある。韓国政府も地方経済活性化の原動力として、中国人留学生に着目する動きがでている。

韓国教育部は先日、「Study Korea 2023」計画を始動。2023年までに留学生数を現在の2倍にあたる20万人にするとし、ソウル以外の地方大学で学ぶ中国人留学生に対しては、奨学金を出すなどして約3万人を地方都市に呼び込み、それによって地方経済を活性化させたい考えを発表した。

■地方経済に貢献する中国人留学生
統計によると、中国は韓国の大学最大の留学生源となっており、中国人留学生が占める割合は全体の6割近くに上っている。文化、経済、先端技術といった分野が毎年多くの中国の若者を韓国へと引き付けている。

記者がソウル周辺の主要大学に足を踏み入れてみると、至る所で中国語の会話が耳に入った。今では韓国の主要大学周辺には中国語の看板が林立し、中華料理レストランから中国系スーパーまでが軒を連ね、近年では中国系のカラオケボックスやネットバー、ドリンクバー、漫画喫茶も登場し、中国の朝食を提供する店まで現れ、立派な中華街と化している。

首都ソウルで中国人留学生が大学生たちの暮らしを変えたとなれば、その影響は地方都市ではさらに顕著となる。ソウルから地下鉄で1時間ほど走れば、忠清南道牙山市(チュンチョンナムド・アサンシ)に入る。この地の住民である金さんの話によると、中国人留学生が訪れる前は、大学近辺は「意気消沈」し、地域経済も壊滅的な状態となっていた。しかし、中国人留学生がやってくると、まるで活性剤でも打たれたかのように地方経済はみるみる回復し、学生数が増えるに連れて、中国人学生ばかりか韓国人学生も学校周辺の店に戻ってくるようになったという。

地元政府の統計によると、牙山地区の大学周辺の空き部屋率は、2008年には69%に達していたが、地方経済の活性化によって、2015年には30%以下まで下がった。

■韓国の大学の窮地
韓国の大学は現在窮地に立たされており、これも留学生を引き付けたい大きな要因となっている。この窮地の根本的問題は韓国の下がり続ける出生率にある。出生率が下がり続けることで入学者数も減少を続けており、韓国の教育界は大きな危機に直面することになった。

減少する出生率とは反対に、高齢化は増加の一途を辿り、総人口に占める高齢者の割合は2000年に7.2%だったのが、13年には12.2%に膨れ上がっている。この勢いが続けば、韓国の人口は2018年から大幅に減少し、2750年に韓国は無人国家となるという悲観的な予測をする学者まで出てきている。

それだけではない。近年は韓国の内需市場に見切りを付けて中国といった海外市場に目を向ける韓国企業が増え、これによって企業の「グローバルな視野をもつ人材」への需要が拡大、海外留学を選択する韓国人学生は大幅に増え、国内の教育産業は赤字からの脱却の術を見出せずにいる。

困窮の中、やむを得ず考え出された解決策が留学生に依存するといもの。しかし、韓国には学生募集の制限があり、大学側の政府に対する不満は膨らんでいる。年に一度開かれる「韓国私立大学長会議」で、釜山外国語大学のある教授は取材に対し、「韓国政府は過度に大学の自主権を押さえ込んでいるところがある。昨今世界各国が留学政策を緩める方向で進んでいるにも関わらず、韓国はその逆を行っている」と不満を漏らし、大学により多くの自主権を与えるよう政府に求めた。(提供/人民網日本語版・編集MI)