あ〜ムカムカする!その胸やけの原因と意外ながんリスクとは

写真拡大

最近、肉や揚げ物、こってりしたラーメンを食べたり、アルコールを飲み過ぎたりした後に、胸やけを起こしていませんか?

「加齢のせいかな」「放っておけば治るし」と胸やけを軽く見ていると、実は、怖〜い病気がひそんでいたなんてことも……!

そこで今回は、『家庭医学大事典新版 ホームメディカ』を参考に、胸やけを引き起こす原因と病気についてご紹介します。

 

■1:胸やけを引き起こす原因は?

(1)脂肪の多い食事、酸味・甘味の強いものをよく食べる

こってりした肉料理やラーメン、揚げ物、甘いケーキなどの食事は、胃酸の逆流を引き起こしやすく、胸やけを引き起こす原因に。常態化すると“胃食道逆流症(逆流性食道炎)”になる可能性があるそうです。食べ過ぎないようにしましょう!

(2)タバコ、アルコール、コーヒー、香辛料などの“嗜好品”をよく摂取する

タバコ、アルコールなどの嗜好品は、胃を刺激して、胃酸の分泌を促すといいます。とくに空腹時は避けたほうがいいとか。タバコは止め、それ以外のものは適量を摂取するように心がけましょう。

(3)薬を水なしor寝たまま飲む

薬を水なしor寝ながら飲むと、食道に引っかかってとどまり、それが原因で“食道炎”になることも。

また、疼痛、発熱、炎症の治療に用いられる“非ステロイド性消炎鎮痛薬”は、胃粘膜を壊し、胃痛や胸やけを起こすことがあるそうです。この薬を飲む際には、胃粘膜保護・制酸作用のある薬をかならず一緒に飲みましょう。

(4)大きなストレスを抱えている

ストレスを感じると自律神経に乱れが生じますが、その影響で胃の血流が障害され、胃酸分泌が増え、胃や十二指腸に“潰瘍(かいよう)”ができやすい状態になるようです。肉体的、精神的にストレスを抱え込みすぎないようにしたいですね。

(5)ピロリ菌に感染している

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者は、ピロリ菌に感染していることが多いことがわかっています。食事をした後に、胸やけ、胃もたれ、吐き気、腹痛などの症状にいつも悩まされているようでしたら、一度、検査をしてみることをおすすめします。

 

■2:もっと重篤な病気の場合も!

上記の中に、あなたの胸やけの原因と考えられるものはありましたか? どんな原因にせよ、胸やけは食道や胃、腸に不具合が生じていると考えて間違いなさそうですね。

上述した脂っこいものの食べ過ぎ、嗜好品の過剰摂取、薬の誤った飲み方などの場合は食習慣や生活習慣を見直すことで解決できそうですが、それでも胸やけが治まらない場合は別の原因、病気がひそんでいる可能性があります。自己判断は危険ですので、医師に相談するようにしましょう。

また、胸やけの症状は上記のような場合だけでなく、

(1)胃がん

(2)膵がん

(3)強皮症(きょうひしょう)

などの病気の症状の一つとして出る場合もあるそうです。

胃がん・膵がんは消化器系のがんです。早期発見・早期治療が重要ですので、体からのシグナルを見逃さないようにしましょう。

 

いかがでしたか?

食習慣・生活習慣を改善しても、ムカムカ胸やけが治まらない場合は、すぐに病院を受診するようにしてくださいね。ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ ゲッ…楽しいBBQでガンリスク上昇?リスクを抑える簡単な方法6つ

※ 胸焼けの原因!すっぱい「胃酸の逆流」を抑えてくれる食品5つ

※ ヤダッ…どうして!?「突然手足がチクチクする」謎の症状の正体は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 99%が満足!? 最新「シミケア」が医療レベルと評価される訳

※ 日焼け止めだけじゃダメ!『メディパラソル』で内側から紫外線をケア

 

【姉妹サイト】

※ 通勤中の紫外線もカット!シミを作らせない「食べる日焼け止め」3つ

※ ほうれい線よサラバ!「顔ヨガ」でたるみ撃退&キュッと小顔に

 

【参考】

※ 『家庭医学大事典新版 ホームメディカ』(2008、小学館)