<ニチレイレディス 2日目◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ニチレイレディス』初日を5アンダー・首位タイ発進とし、2日目を最終組で回ったアマチュアの勝みなみ。「朝は(宿泊先を)出る30分くらい前になってドキドキしました。スタートの3時間前なのに意識しているなと思いましたが、プレーしているうちに緊張も解けて…」と緊張感を持ってティオフしたものの、ギャラリーの大きな声援を受けながら堂々たるプレーの“67”。トータル10アンダーに伸ばし、単独首位で最終日を迎えることとなった。
【関連】勝みなみのこれまでを写真で振り返る!
 1番で80cmのバーディチャンスを沈めて単独首位に位置してからは一度もトーナメントリーダーを譲らず。5番では7ヤードのチップインバーディを決めると、前半上がりの9番、休憩を挟んでの後半10番でも奪取。トータル9アンダーとして後続との差を広げる。
 「10番以降は特にピンチが多くて…」と試合後に振り返ったものの、「11番も2m、12番も2mのパーパットを決めることができた」と入れ頃外し頃の渋いパットを捻じ込み、スコアを落とさずに終盤へ。
 圧巻は15番で唯一の2ケタアンダーに乗せ、続く16番でも約2mのパーセーブをして迎えた17番。パーパットの距離は5m半。「長すぎるし“外れてもいいや”と打ったパットだった。ミスヒットでちょっと左に出すぎたかなと思ったら、急激に曲がって…」とスライスラインに乗ったボールはカップに吸い込まれ、本人も驚きの表情。最終18番パー5もパーで締め、5バーディのノーボギープレーとなった。
 2日連続での最終組となる最終日へは「まだまだ油断できないし、このコースは難しい。目標を決めて達成することを頭においてやることが一番」と話した勝。2014年『KKTバンテリンレディス』優勝時は、最終ホールのパーパットは緊張したが「優勝をするとは思わなかったので、本当にゴルフが楽しくて」と無我夢中。今大会は“2度目”を期待される状況だけに感じる重圧は段違いだが、目標とする“5バーディ以上・60台”を達成できれば、優勝はぐっと近づく。
 「できればプロテストを受ける前に優勝して…」。“史上最強のアマチュア”はアマ2勝目→プロ転向という最高のルートを実現することはできるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>