17日放送の「キリトルTV 特別編〜それを踏まえて見てみよう」(テレビ朝日系)で、レスリング浜口京子選手が、問題出題前に正解を言ってしまう場面があった。

番組では「ある事実を知るともう一度見たくなる」映像を、クイズとともに紹介していた。そのなかで「2012年ロンドン五輪レスリング女子決勝 伊調馨の動きに注目」として、伊調がオリンピック三連覇を達成した際のVTRが流れた。

この映像を見ながら浜口は「(試合の)数日前に怪我してたんです。それなのに金メダル取れて…」と、同じオリンピックを戦った者としての立場から、試合の背景を解説していく。

するとVTR終了後、問題を出題しようとしたところで、ナレーションを担当していた麒麟の川島明が「今、ハプニングが起こりましてですね…。出演者の誰かがVTR中に正解を言ったということになりましたので…」と明かしたのだ。この問題の正解が、「実は…このとき伊調馨は左足首の靭帯を切っていた」というものだった。

この状況にスタジオは爆笑となり、浜口は「ごめんなさい、興奮しちゃいました」と謝る。続けて「レスリング見ちゃうと、その中に入り込んじゃって話してしまう」と説明し、アンタッチャブル・山崎弘也が「しょうがない。逆にそれ言われて興奮して見れましたよ」とフォローしたのだった。

【関連記事】 
浜口京子が片思いの相手を前に珍行動 世田谷の住宅街をひとり走る
「ヒルナンデス!」の対決コーナーで結果を先に表示してしまうミス
岡村隆史のライブイベント 高須克弥氏がTwitterでうっかりネタバレか