WEC 2016年 第3戦 ル・マン24時間レースもいよいよ決勝を待つのみとなりました。トヨタは予選で3位と4位のポジションをゲット! そんな中、TOYOTA Motorsport Gmbh社長の佐藤俊男氏の単独インタビューに成功! レースの話はもちろん、夢のスポーツハイブリッドカーの可能性についてもお話しを伺ってきました。

1

-TS050 HYBRIDのようなレース用ハイブリッド車と市販車のハイブリッド車の違いを女子でも分かるように教えて頂きたいです!

「『蓄電して放出する』というシステムは同じですが、出し入れする電力の絶対値が違います。また、蓄電と放出の頻度も違いますね(レース用ハイブリッドのほうが多い)。」

-基本的に電気を貯めて、使いたい時に出す、という考えは同じということですね。

「エンジンとモーターの組み合わせ方なども違ってますが、市販のハイブリッド、例えばプリウスなどでは燃費を重視してますけど、レース用はもちろん速さも重要です。それで、レース用の場合、モーターの出力の割合が(市販車のモーターの比率より)大きくなっているのも違いです。」

-今回の予選結果についてどう思いますか?

「実は予選(の順位)はそれほど重きを置いていないです。自分達の性能も燃料が10パーセント削減されると本来なら4〜5秒遅くなるのですが、そんななか2〜3秒も速くなっているのでうまく開発できたと思っています。」

-決勝のスターティンググリッドが3番手、4番手でちょうどライバルのポルシェとアウディの間に入っていますがどう考えますか?

「タイム的にも去年に比べて非常に(ライバルとの)ギャップが詰まっていて、いい感じです。今までル・マンでポールポジションを取ったこともありますし、WECのチャンピオンも取っていますが、ル・マンでの優勝は未経験です。ル・マンで優勝することが最大の目標です。」

-予選でも雨のため赤旗が出て中断もありましたが、決勝の天候の変化についてはどう思いますか?

「昨日のウエット・コンディションでも良いパフォーマンスができましたので、ドライでもウェットでも対応して行けるという自信はあります。」

-では勝算はあるという事でしょうか?

「結果はついてくると思います。しっかりと準備してきたことを、やりきりたいと思っています。」

-レースでのハイブリッド技術をフィードバックさせたスポーツカーを将来販売することはあるのでしょうか?

「そうですね。スポーツ・ハイブリッドカーを出していきたいです。日本はハイブリッド=燃費のクルマというイメージがありますが、普段は燃費が良いけれど飛ばして走る時は楽しく走れるようなクルマは非常にニーズがあると思っていて、そういうクルマを出していくのは夢でもあります。」

-それは素敵な夢ですね。ぜひ実現して欲しいです! スポーツ・ハイブリッドカーを生産するためには、技術的に難しいのでしょうか?

「いや、技術的には難しくはないです。ですが、生産には優先順位がありまして、スポーツカーは販売台数が少ないのでどうしても優先順位が下になってしまいます。2017年春に発売予定のレクサスLC500hは、3.5リッターエンジンですけれども、5リッター級のパワーをハイブリッドシステムと合わせて出します。私が量産ハイブリッドシステム開発をやっていた時に担当していましたし、スポーツ性をより追及した記念すべき一台で、嬉しい存在です。」

-夢に一歩近づきましたね!

「そうですね。でもフラッグシップモデルなので、少し値段が高いんです。なので、もう少し値段が手頃でスポーティーなそんなクルマを出していきたいなと思います。WECでドライバーがブーストパワーを体感して走っているんですけど、そんなようなことが実現できる、購入できる範囲のクルマを作っていけたらいいなと思います。」

ありがとうございました! 優しく、丁寧にそして分かりやすく話してくれる、佐藤さん。毎日ウェットコンディションが続きますが、決勝日はお天気になりますように! そして、レースハイブリッドマシンの技術をいかした夢のスポーツハイブリッドカーをぜひ実現させて欲しいです。

いよいよ6月18日(土)午後3時(日本時間午後10時)から決勝がスタートします。レースを見たくても見る環境がない・・・。と諦めている方に朗報です!

TOYOTA GAZOO Racing は、ル・マン 24 時間レース決勝応援ライブ番組を無料視聴アプリ 「LINE LIVE」で配信する ことを発表しました! 配信番組のタイトルは 「トヨタよ、敗者のままでいいのか。〜ル・マン 24 時間レース応援 番組〜」で、スタート特番 (約 1 時間を生中継)、中間特番、ゴール特番他、ダイジェスト映像の配信が行われます。

視聴方法は以下の通り。

・App Store/Andoroidマーケットより「LINE LIVEアプリ」をダウンロード
・LINE LIVEアプリ内のメニューからチャンネルを選択
・チャンネル内のプロモーションにあるTOYOTOWNのアカウントをフォロー
・放送時間になるとLINE LIVEアプリのホーム画面より視聴

番組内でドライバーのサイン入りグッズが当たるチャンスもあるそうですよ。これは見逃せないですよね! 無料で視聴する事ができるので、ぜひごご登録下さい。そして、みんなでトヨタにエールを送りましょう!!

(yuri)

TOYOTA Motorsport Gmbh佐藤社長に決勝前独占インタビュー!レースの勝算と市販モデルへの可能性は?(http://clicccar.com/2016/06/18/379622/)