お酒のせい? それとも本気? 男性が飲み会で見た「女性の驚きのアプローチ」

写真拡大

いつもは大人しい人でも、お酒の席になると、人が変わったような行動をすることもあるものです。同性同士であれば笑い話にもなりますが、異性であればドキッとしてしまうこともありますよね。そこで今回は、会社の飲み会で、職場の女性の「驚きのアプローチ」を見たことがあるか、働く男性にお話を聞いてみました。

■ボディタッチしてくる

・「やたらとボディタッチをしてくる」(33歳/商社・卸/営業職)

・「過剰なボディタッチをしていた」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「スキンシップが多い女性がいた」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

飲み会の席では、必ず一人か二人現れるのが、ボディタッチ魔ではないでしょうか。お酒の力でフレンドリーになっているかもしれませんが、あまり過剰だと、男性でもイヤな気持ちになってしまうようです。

■酔ったふりをする

・「酔っ払ったふりをして抱きつく」(32歳/生保・損保/営業職)

・「酔ったふりをして上着を脱いでドキッとさせていた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「酔ったふりしてキスしてくる」(35歳/情報・IT/営業職)

中には酔っぱらったフリをして、いろいろ男性に仕掛けてくる人もいるようですね。お酒のせいにしてしまえば、いつもはできない行動でも、大胆にできてしまうようです。

■手を握る

・「テーブルの下で、ずっと手を握り離さない」(38歳/情報・IT/技術職)

・「隠れて手を握ってくる」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「手を握っていた」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

お酒の席とはいえ、やはり手を握られるとドキッとしてしまいますよね。お酒のせいなのか、それともその気があるのか、見極めが難しいところですよね。

■お酒の強さ

・「普段はおとなしい女性が実は酒豪なとき。どの男性社員よりも酒が強い」(39歳/商社・卸/営業職)

・「酒に強くて最後まで飲んでいた」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「何杯飲んでも平気の人」(33歳/医療・福祉/専門職)

お酒が弱い女性も多いものですが、中にはどれほど飲んでも平気という女性もいるようです。下手をすると、男性のほうが先につぶれてしまうこともあるので、その後に何かあったとしても、記憶に自信がもてませんよね。

お酒が入ると、つい楽しくなって、いつもよりハメを外してしまうことも少なくありません。しかし、あまりにも過剰な行動をとってしまうと、男性からも引かれてしまうこともあるようです。少し顔を赤らめているぐらいが、男性には好印象かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数411件(22〜39歳の社会人男性)