王様イブラ、キエッリーニとの肉弾戦を回想…「静かなものだった。じゃなきゃ、ヤツは今ごろ病院」

写真拡大

▽スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、17日に行われたユーロ2016グループD第2節のイタリア代表戦後、激しいマッチアップを繰り広げた相手のDFジョルジョ・キエッリーニを話題にジョークを飛ばした。スウェーデン『aftonbladet』が伝えた。

▽この試合に先発したイブラヒモビッチは、序盤からユベントス時代に同僚だったキエッリーニとの肉弾戦を展開。最後までキエッリーニの執拗なディフェンスに苦しみ、ノーゴールに終わった。試合後のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、キエッリーニとのバトルについて感想を求められると、以下のように返答した。

「まったくもって静かなものだった。そうじゃなかったら、ヤツは今ごろ入院している」