香川照之がドラマ「99.9」の秘話明かす 榮倉奈々のNG場面を構わず放送

写真拡大

17日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、香川照之が、出演ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」(TBS系)で、本来ならNGになるカットが採用された驚きの一幕を語った。

番組では、19日に最終回を迎える同ドラマから香川と榮倉奈々をゲストに迎え、安住紳一郎アナウンサーとトークを展開した。

ここで、撮影現場の話題となり、香川が「知ってます? 本番中にちょっと間違ってくしゃみしちゃうのとか使われちゃってるんですよ」「くしゃみしてるんですよ、『ヘックシュン』って!」と明かしたのだ。該当シーンのVTRが流されると、確かに榮倉が唐突にくしゃみをしている。にも関わらず、そのまま放送されたという。

また、安住アナは「片桐(仁)さんが寝てるとこを(榮倉が)『ちょっとごめん踏んじゃった』って言ったあと、(香川は)本気で笑ってましたよね?」と質問する。香川は「はい、笑ってました」と認め、こちらも本来ならばNGシーンになった可能性もあることを匂わせる。

香川は「榮倉さんがテストやるときに本当に美しいんですよ、こう女豹が通り過ぎていったような、運動神経がある。まあ片桐さんには申し訳ないけど」と当時の状況を説明し、榮倉も「申し訳ない」と話したのだった。

【関連記事】
松本潤の気遣いにドラマ「99.9」のスタッフが感動「うちの座長は素敵な人」
松本潤の発言で北村晴男弁護士の態度が一変 裏番組への出演が判明
嵐の松本潤と香川照之、榮倉奈々が原宿でロケを敢行しパニック状態に