漢翔航空工業の廖栄キン・董事長

写真拡大

(台北 18日 中央社)台湾証券取引所はこのほど、航空宇宙産業をテーマにした業績発表会を台北市内で開いた。軍用機などの開発・製造を手がける漢翔航空工業の廖栄キン・董事長(会長)は発表会で、同産業にかかわる台湾企業同士が連携し、国際市場における競争力を向上させるべきだと訴えた。(キン=品の口を金に)

廖氏は、世界の航空運輸業は成長を続けており、その影響で航空機製造業の需要も増加していると分析。その上で、国際市場で商機をつかむために、年々厳しくなる世界の大手メーカーからの値下げ要求に応えなければならないと強調した。

(田裕斌/編集:杉野浩司)