新年度に入りはや2カ月が過ぎ、太陽が眩しいゴールデンウイークを満喫した人も多いはず。しかし、この時期を境に鬱々とする人たちもいる。俗に“5月病”と言われるこの症状は、4月に就職や入学、異動などで新たな環境に適応しようと気が張った毎日を過ごすも、連休明けに鬱々となる状態を言う。しかしここ数年、“5月病”ではなく、“6月病”という言葉も耳にするようになった。
 「“5月病”も“6月病”も、正式な医学用語ではありません。5〜6月に発病しやすい『適応障害』、または『うつ病』などの俗称です」
 と指摘するのは、精神科専門医で銀座泰明クリニック院長の茅野分医師。
 「適応障害の主な症状は、『抑うつ気分、意欲低下、不眠または過眠、食欲低下または食欲亢進など』です。誘因は、上司からのパワハラや異性からのセクハラなど、職場環境に問題のある場合もあれば、本人の性格が十分に成熟しておらず、自己中心的な言動により新しい職場や集団に不適応を生ずることもあります。また、適応障害の特徴は好きなことや楽しいことはできる点。そのため、極端な例を挙げると、休職して気分転換に海外旅行へ出かければ治ることもあるのです」(同)

 つまり、職場などの新たな環境へ馴染めず発病するが、それ以外の環境ではそれほど問題なく過ごすことができるわけだ。症状としては、主に抑うつ気分があるが、うつ病とはどう違うのだろうか。
 「適応障害は環境への不適応であるのに対し、うつ病は脳の全般的な機能低下と考えると分かりやすいでしょう。適応障害は楽しいことは楽しめるけれど、うつ病は楽しいことさえも楽しめないのです。また、睡眠障害の特徴として、適応障害はなかなか寝つくことのできない“入眠困難”がよく認められるのに対し、うつ病は夜中に目が覚めてしまう“中途覚醒”や朝早くに目が覚めてしまう“早朝覚醒”がよく認められることが挙げられます」(同)

 この時期、あなたの職場にも不眠症や無気力で悩んでいる同僚らが隣に座っているかもしれない。そういう人たちにはどう接すればいいのかも、悩みどころ。
 「これまで抑うつ状態の方には基本的に優しく接し、励まさないのが原則でした。しかし、20〜30代の適応障害にある若い方々は、年配の世代と比べ、物質的にも心理的にもゆとりを持って育ってきたところがあるので、“改めて育て直していく”くらいの気持ちで接していくとよいでしょうね。精神科の治療では、薬物とカウンセリングをバランスよく行い、休職された患者さんには、復職訓練施設へ通うことを勧めています。職場をモデルとした施設において、グループワークやディスカッションなどを通し、チームワークや自己分析などを身に付けられます。復職までにたいてい3〜6カ月、長い方で1年ほどを要しています」(同)