救う会:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会ホームページより

写真拡大

 拉致問題というのはどうしてこう政治にからめとられてしまうのだろう。「週刊文春」(文藝春秋)6月16日号に、横田滋・早紀江夫妻と拉致被害者・めぐみさんの娘、キム・ウンギョンさんの写真が掲載されたことが大きな波紋を投げかけている。

 これは14年3月、横田夫妻がモンゴル・ウランバードルで初めてウンギョンさんと面会し、同行した夫や生後10カ月のひ孫と過ごした際に撮られた6枚の写真だ。

 また、同誌には参議院議員の有田芳生氏の執筆した特集記事も掲載されていた。記事には、横田夫妻とウンギョンさんとの会話の様子や、「(孫娘と)いまでも会いたい気持ちは強いですよ」といった横田夫妻の思いが記されていた。日朝交渉が再開する目処もなく、夫妻が拉致問題の風化を恐れていることことや、孫娘に会えた喜びを伝えた写真と特集記事。

 ところが、である。「週刊文春」発売同日、「救う会」(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)のHPにこんな"声明"が掲載されたのだ。

〈皆様へ

 この度の週刊文春に掲載の孫たちとの写真は、横田家から提出してお願いをしたものではありません。

 有田氏が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。

 私達は、孫との対面時、孫から写真を外に出さないでほしいと約束していましたので、横田家からは、何処へも、一枚も出しておりませんし、今後も出しませんので、よろしく御理解頂きます様お願い致します。

 全て、掲載や、文章、等全て、私共から依頼した事でなく、有田氏から寄せられた事をご理解頂きます様お願い致します。

6月8日 横田滋 早紀江 〉

 写真は横田夫妻が提供したものではなく、有田氏が勝手に持参したもの、記事も有田氏が勝手に書いた。この文面からはそう受けとれる。

 実際、これが公開されるや「有田は横田夫妻を騙した裏切り者」「北朝鮮のスパイ」「写真は北朝鮮からもらったのでは?」「参院選を睨んでの売名行為」「落選させろ」「有田芳生は人間のクズ」といった有田氏に対する非難、バッシングが巻き起こった。

 たんなるバッシングだけではない。官邸周辺から「有田は横田夫妻と文春の両方を騙して、記事をでっちあげた」とする詳細な情報も流れてきた。

 しかし、本当にこの「週刊文春」の記事は横田夫妻の明確な合意がないまま掲載されたものなのか。

 たしかに、有田氏はこの間、2回ほど北朝鮮に行っている。しかし、「北朝鮮のスパイ」どころか、議員になる前から拉致問題に取り組み、北朝鮮には一貫して批判的な姿勢をつらぬいていた。

 また、記事には、横田夫妻でないと絶対にわからないような、これまで語られてこなかっためぐみさんに関する話題が幾つも出てくる。

 たとえば、早紀江さんがウンギョンさんに会った際、「あなたのお母さんのことだけど」と切り出した時のことだ。ウンギョンさんは当惑した表情をしたが早紀江はこう続けたという。

「おばあちゃんは、めぐみちゃんが元気で生きていると信じていますよ。せめてみんながあなたくらいのレベルの生活をしているとわかれば、それらのご家族のみなさんは、どんなに喜ばれるでしょうね......。お母さん(めぐみさんのこと)をはじめ、たくさん連れていかれた人がいて、家族はおばあちゃんと同じ気持ちでまっています」とひとりごとのように言って、「最後まで私たちは助けてあげたいという気持ちで頑張って行くから。絶対に希望を捨てないでね。これは国どうしの問題で、あなたの問題ではないのです」

 するとウンギョンさんは「日本の悪い人がウソをついているのです」と泣き出し、この話は終わりになったという。

 早紀江さんの切実な思い、ウンギョンさんとの会話の詳細が記されているこの記事がでっち上げとは到底思えない。そこで今回浮上した疑問について有田氏本人を直撃すると、その経緯をこう語った。

「写真公開に関しては、横田夫妻と長い時間をかけ話し合ってきたものです。確かに『週刊文春』やマスコミに提供した写真は私が持っていたものですが、5月5日にそれを持参して夫妻と一緒に選び、原稿も6月6日の〆切の日に直接お会いしてチェックしていただいたものです。夫妻は孫やひ孫に会えた喜びを知ってもらいたい。それが実現できたと喜んでもいました。また校了の7日の朝には早紀江さんから電話があり、さらに加筆訂正もしています」

 また横田夫妻は写真を公開することで取材が殺到した場合、体力的にも対応できないため事後の対応を有田氏に一任したという。

 では、そんな横田夫妻が一体なぜこんな声明を出したのか。それが「家族会」(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)の背後にいる「救う会」の存在だ。拉致問題に詳しいジャーナリストがこう証言する。

「写真が『週刊文春』に掲載されることを知った『救う会』会長の西岡力氏が横田夫妻に接触、かなりの剣幕で非難したようです。もちろん"こんなことをしたら北朝鮮を利するだけ。めぐみさんの死亡認定や拉致問題の収束に繋がる"とね」

「救う会」は拉致被害者救出を謳って設立された団体だが、そのファナティックかつエキセントリックな言動で、これまでも数々の問題が指摘されてきた。特に02年の小泉訪朝で一気にその存在感を増した「救う会」は当時の激しい北朝鮮バッシングの風潮や拉致被害者家族の意向をバックに、拉致問題に対し過激な姿勢を強めていく。

 たとえば、拉致問題でバッシングの矢面に立たされた外務省の田中均氏(元アジア大洋州局長)にしても「救う会」が「北朝鮮と内通して拉致問題解決を妨げる田中審議官と平松課長を即刻、北朝鮮問題担当からはずすことを強く求めます」などと激しく罵倒したことが大きな影響を及ぼした。

 また"対話路線"を主張する政治家や識者やジャーナリストに対しても徹底した批判を行い、日本国内に蔓延した"対北強硬路線" "反北朝鮮"の世論を煽りに煽った。それは同時に拉致問題を自らの政治的主張に利用したものでもあったが、その矛先はメディアにも向かっていく。

 14年前、横田めぐみさんの長女であるウンギョンさんの存在が判明し、その合同インタビューを行った朝日新聞、毎日新聞、フジテレビに対し「北朝鮮謀略の手先」などと大批判を展開、その後も拉致被害者やその家族に接触するメディアを片っ端から血祭りに挙げていった。当時の日本に蔓延した異様なムードは「救う会」が作り出したものでもあった。

 そしてその急先鋒の一人が、今回横田夫妻に"声明"を出させた「救う会」西岡力会長だ。

 もともと発足当時、政治家だけでなく世間からもあまり注目を浴びなかった「家族会」に寄り添ったのが唯一「救う会」だった。そのため「家族会」は「救う会」に引っ張られる形で、イデオロギー色を強め、また利用されていった。いわば「救う会」は、「家族会」そして拉致被害者を人質にとって勢力を増し、影響力を強めていったのだ。

 かつて「家族会」副代表をつとめた蓮池透氏も著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)のなかで「救う会」の体質をこう批判している。

〈いま振り返ってみても、「救う会」の真の狙いはいったい何だったか、それがわからない。
 もちろん、被害者救出の願いや家族への同情があることは否定しないが、根底に拉致問題を利用し国民の反北朝鮮感情を煽り、ひいては北朝鮮国家の転覆・崩壊を目指す深謀があったのではないか。そう考えざるをえない。「家族会」と「救う会」は横田滋氏と会長の佐藤勝巳氏の連盟で声明文を公表していたが、その内容は、どこかの圧力団体のファナティックなアジテーションと変わりなかった。とにかく強烈に北朝鮮を批判し、政府に強硬な態度で臨むよう要求することで一貫していた。〉

 そしてもともと政治的信条などなかった「家族会」のメンバーが「救う会」のオルグの連続で徐々に右翼的な色に染まっていったと回顧している。

 そんな「救う会」だが、しかし拉致問題の膠着と共にその影響力も急速にしぼんでいった。そんな時に起こったのが今回の写真騒動だ。

「拉致問題は自分たちのものという考えが強い『救う会』ですから、自分たちが蚊帳の外に置かれた今回の写真掲載は許せないものだったのです。"北朝鮮に利用される""拉致問題を終わらせていいのか"という"脅迫"は『救う会』の常套句ですからね。実際、これまで孫に会いたいと切望していた横田夫妻ですが、10年以上会えなかったのも『救う会』が強固に反対していたからという側面も強い。これまでの経緯から横田夫妻がその要求に従わざるを得なかったのでしょう」(元「救う会」関係者)

 実際、2002年のときも、一時は横田夫妻が北朝鮮に行って、ウンギョンさんと会うという計画が進んでいたことがあった。ところが、このときも「救う会」の圧力で、計画が流れてしまった。今回の記事には、その経緯にかんするくだりもある。

〈「会えばお母さんは亡くなったと言わされる」と支援団体が主張したからだ。(略)
「平壌に行くわけにはいかないから難しい」
 それがお二人の結論だった、孫に会いたい願いを隠しながら時間だけが過ぎて行った。〉

 早紀江さんはウンギョンさんにこうも語りかけている。

「これは国どうしの問題で、あなたの問題ではないのです。あなたは大切な孫だから、信じているし、嫌いだから来なかったわけではないのよ。いつも祈っていました。これからもそうですよ」

 さらに有田氏が再び第三国で会うつもりはないかを問うと、早紀江さんは高齢で身体が許さない。となると、「状況が許せば(ウンギョンさんたちに)日本に来てもらうしかないですね」という有田氏の言葉に、こんな心情を吐露している。

「いまでも会いたい気持ちは強いですよ。でもわたしたちだけがいい思いをするわけにはいかないんですよ。ほかの被害者の方々もいらっしゃるでしょ」

 孫娘に会いたいという切なる願いさえ、「救う会」によって抑圧されつづけた横田夫妻。にもかかわらず他の被害者を思い、そして支援団体の呪縛から未だに解放されることはないことが言葉の端々に滲んでいる。そして「救う会」によって前記のような声明を出さざるを得なかった。

「実は一連のネットの有田バッシングの中には、『救う会』と『救う会』と連動している加藤勝信拉致問題担当大臣の周辺が発信源のものがあるようです。実は、ネットだけではなく、週刊誌や保守系新聞も一時はその情報に乗って、『有田氏が横田夫妻を騙した』という線で取材していた。ところが、動いてみたら、まったく事情が違ったんで、結局、どこも記事にはしなかった」(週刊誌関係者)

 まったくうんざりするような舞台裏ではないか。

 横田夫妻が政治的な思惑にふりまわされずに、「孫やひ孫に会いたい」という当たり前の願いを再び実現できる日はやってくるのだろうか。
(伊勢崎馨)