ダイエット不要!気になるところ別「体型カバーが叶う」オシャレ水着の選び方

写真拡大

待ちに待った夏休みも、もうすぐ! 前々から有給休暇を確保し、海やプールといったバカンスを計画している働き女子も多いはず。

高揚する気持ちとはうらはらに、水着姿をさらけ出すのはどこか億劫ですよね。少しでもスタイル良く見せたいですが、ダイエットを成功させることは容易ではありません。

普段のオフィス服では隠しているぽっこりお腹や二の腕、がっしりとした脚の肉……。それらを見られるのは嫌だけれど、バカンスに行ってTシャツやズボンを履いているノリの悪い女子にはなりたくないものです。

そこで体型にコンプレックスを抱える女性にオススメなのが、色や柄で体が細く見える水着を選ぶことです。

今回はファッションライターの筆者が、体型カバーが叶う水着選びのポイントをご紹介します。

■ 気になるお腹まわりを隠せる! タンキニ

タンキニとは、タンクトップとビキニの略語のこと。タンクトップ型の水着と、ボトムがセパレートのタイプの新しい形の水着です。ほとんど見た目は洋服に近く露出が少ないので、お腹周りなどをカバーできます。

ビキニとタンクトップ、さらにショートパンツとセットになっていることが多く、上下の組み合わせしだいで様々な楽しみ方ができますよ。

■ 下半身のコンプレックスをカバー! パレオ

パレオは、ロングスカートのように腰に巻く大きめの布のこと。お尻や太ももなど、とくに下半身が気になる人の強い味方となってくれます。

巻き方次第でワンピースのようになるのでそのまま浜辺のレストランにも抵抗なく入れます。紫外線対策としても活躍してくれそうなので、一枚持っておくと便利です。

■ 着ヤセ効果大! ホルターネック

ビキニを着たい人は、ホルターネックの形を選びましょう。胸の小ささを目立たなくし、二の腕や脇周りはスッキリ見せてくれます。色は膨張色の淡いカラーよりも、原色系の濃いものを。

ボーダー柄はカジュアルで可愛らしい印象ですが、太く見せてしまうので避けるべき。

■ 錯覚を利用して細く見せる! 大きめの装飾つきビキニ

胸の真ん中に大きなリボンやお花といった、大きめの装飾付きのビキニや、胸元全体にフリルが入ったデザインなど、ボリュームのあるビキニを選べば目の錯覚で体を小さく見せることができます。

ショーツも左右をリボンで縛るタイプの形だと、お尻や骨盤周りのカバーに有効。

すでにシンプルな水着を持っている人は、装飾だけを購入して付けてもいいかもしれませんね。アレンジすれば無駄な出費も抑えられます。

以上、体型カバーが叶う水着選びのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

開放的な気分になれるバカンスで、体型のことを気にして楽しめないのはもったいない! 水着を着る前日はむくみをとるようにマッサージしたり、デトックス効果の高い食材を食べるなどの心がけも。

可愛くて体型カバーも可能なオシャレ水着をゲットして、バカンスを満喫してくださいね。