赤外線通信で"m!x"もできる

写真拡大

バンダイは、20周年を迎える「たまごっち」シリーズ最新作「Tamagotchi m!x(たまごっち・みくす)」を、2016年7月16日に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

「たまごっち」本来の"育成の楽しさ"を追求したといい、プレイ中に出会ういろいろなたまごっちと仲良くなり、結婚して親の遺伝子を引き継いだたまごっちが産まれる(m!xする)のが特徴。

代を重ね遺伝子を引き継いでいくことで様々な見た目になるほか、同じ両親から産まれても育て方によって異なるキャラクターに成長する。友達の「Tamagotch m!x」や玩具店に設置した店頭筐体「Tamagotch m!x Station」との赤外線通信で、たまごっち同士を"m!x"させ、新しいたまごっちを育てることが可能だ。

それぞれプレイ中に登場する限定キャラクターが異なる「Melody m!x ver.」と「Spacy m!x ver.」の2種類、カラーはそれぞれピンク、ブルー、パープルの3色をラインアップ。電源は単4形電池×2本(別売)。

価格はオープン。