15日、韓国の海洋警察が、自殺しようと海に飛び込んだ20代女性を助ける動画が公開され、話題となっている。

写真拡大

2016年6月15日、韓国の海洋警察が、自殺しようと海に飛び込んだ20代女性を助ける動画が公開され、話題となっている。

14日午前0時55分ごろ、韓国全羅南道麗水市菊洞港の海に飛び込んで自殺しようとした女性が、緊急出動した麗水海洋警察の迅速な対応により救助された。海洋警察は13日午後11時54分ごろ、女性から「自殺に失敗したら罰金はいくらか」という内容の電話を受けた後、連絡が取れなくなったため、女性の携帯電話の位置情報を確認し、麗水海洋警察に捜査協力を要請した。その後、管轄の鳳山海洋警察センターの職員らが捜索中に菊洞港の近くで「どぶん」という音を聞き、海上を捜索していた海洋警察官が救助装備を持って海に飛び込んで女性を無事救助した。女性は「自身の境遇を悲観して自殺を決心した」と話したという。(翻訳・編集/堂本)