「あのホヴァーボード」にもっとも近い、新しい乗り物「Flyboard Air」

写真拡大

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティが向かった未来に浮かぶ乗り物「ホヴァーボード」。まだそっくり実現できていないものの、開発されるホヴァーボードのなかでも1番本格仕様な「Flyboard Air」が登場。さらなる改良を重ね、あの「未来」へ近づけるのか。

マーティ・マクフライが未来に出発して30年近くが経ったが、ある意味その「ホヴァーボード」が現実のものとなった。

「「あのホヴァーボード」にもっとも近い、新しい乗り物「Flyboard Air」」の写真・リンク付きの記事はこちら

1989年に『バック・トゥー・ザ・フューチャー2』が予告した未来に、この数年間で、人類は手が届きそうなほど近づいた。宙に浮かぶ「ホヴァーボード」という名前をなんとなく無理に付けたような、うなりと爆音を立てるオモチャのようなものもあるが、導電性である銅を床に使いその上で操作できる「Hendo Hoverboard」や、先月生産が開始されたレゴのような「ArcaBoard」といったホヴァーボードは、地面から約20インチ(50cm)上空まで浮かぶことができる。残念だが、その価格は20,000ドルで、飛べる範囲は約1マイル(1.6km)ほどだ。

しかし、フランキー・ザパタの開発したホヴァーボード「Flyboard Air」は宙に浮き、それ以上のこともやってのける。

この4月、その空飛ぶ発明品を使い、ザパタは7,388フィート(約2.3km)という飛行新記録を打ち立てた。もともとプロのジェットスキーヤーだったフランス人のザパタは、最大時速55マイル、高さ90フィート(約27m)まで到達して見せたのだ。「もっと高度なことができる」とザパタは明言し、時速100マイルと酸素マスク推奨の高度10,000フィートを約束したのだ。

どうやって動くのか

実のところ、Flyboard Airはかなり「正攻法」だ。4つのターボジェットが、爆風が荒れ狂うような1,000馬力を生み出している。乗り手を浮かせて素早く前進させるのに十分な推進力となる。Flyboard Airは、ジェット間の調整を行ってボードを安定に保つ、複雑なロジックシステムで制御されている(クアッドコプター型ドローンも同じ技術が使われている)。手持ちのリモコンによって、加速や減速が調整できる。ターボエンジンを動かすケロシン系燃料JET A-1が燃料パックに収まっていて、このパックを乗り手が背負う。

冒頭の動画で、Flyboard Airに乗っているのは、ザパタ本人だ。彼は44ポンド(約20kg)あるこのボードの向きを自分の体重を使ってコントロールする。快適に乗れるようになるまで、彼は50時間費やしたという。「自転車に初めて乗るような感じだよ」とザパタは言う。

これは何に使うのか

お気軽にホヴァーボードに乗りたい人にとって、Flyboard Airにはちょっとマイナス面がある。いちばんうまく使える場所は「人のいないところ」だ。1m以内にわずか数秒以上立っているだけで「ドライヤーをすぐ近くに置いているような感じ」とザパタは言う。基本的に、人混みの上を飛ぼうと思ってはいけない。

待ち構えるハードル

このホヴァーボードは、法令上の深刻な問題にも直面している。『Daily Beast』が指摘したように、Flyboard Airの使用はニューヨークやロンドンなどの主要都市で道路交通法に触れてしまう。ザパタは、このホヴァーボードに公式な承認を得るため、フランスの規制当局への働きかけを始めたいと話している。

そして、価格の問題もある。このボードの研究開発には、4年の歳月と110万ドルの費用がかかっている。ザパタの会社でこれまでつくったボードは、たった2台。つまり彼は、まだ商品タグをつけて売り出すところまで来ていないのだ(言うまでもないが、バーニー・サンダーズがホワイトハウスの周りをホヴァーボードに乗って飛び回ることはないだろう)。

もっと近い将来像を覗きみるには、ザパタが経営しているFlyboard Sportから出ている別の製品を見てみるのがいい。2011年の登場以来、6,600ドルのジェット燃料パックのプロトタイプは、ジャスティン・ビーバーやカーダシアン家といったお騒がせセレブたちの、休暇中のお気に入りになっている。Flyboard Airは、まずこうした路線なのかもしれない。

ザパタはこのホヴァーボードのレクリエーションとしての可能性を喜んで受け入れ、そしてホヴァーボードで飛ぶ人々のために「レッドブル・エア・レース」のような大会を開催したいと考えている。「目標は、雲に乗ることなんです」と、彼は先月『Verge』に語っている

「軍からも関心を寄せられた」ザパタは言う(誰が接触してきたかについては回答を拒否したが)。軍事応用はもしかすると、大げさすぎる話でもないのかもしれない。ドバイでは昨年の秋、高層ビルに対応する消防士たちに合法のジェット燃料パックを装備させることが発表された

1950年代にさかのぼれば、アメリカ軍がガラクタのようなホヴァーボードの試作品を公開したこともある。2010年には、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)が空飛ぶジープの研究への資金投入を発表した。道端にIED(即席爆弾)が置かれ、戦争が都会にも広がり、あちこちで消火作業が行われるこの時代、空へと飛び立つのはアリかもしれない。いや、そうはならないかもしれない。「敵はあなたの接近する音に気づくでしょう。ボードからの騒音と、それに伴うヘヴィメタルのような響きで」。こう話すのは、21世紀の戦争を専門とする政治科学者ピーター・W・シンガーだ。

「非常に多くの人から欲しがる声が聞こえています」とザパタは話す。