米国の大手旅行サイトの調査において、「世界でもっとも歓迎される観光客」に選ばれたことがある日本人は世界的にマナーが良いと高い評価を得ている。一方、中国人旅行客は日本を含め、世界中でマナーが問題視されるなど、日本人と中国人は見た目こそ似ているが、習慣や行動規範など、あらゆる面で違っていると言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 米国の大手旅行サイトの調査において、「世界でもっとも歓迎される観光客」に選ばれたことがある日本人は世界的にマナーが良いと高い評価を得ている。一方、中国人旅行客は日本を含め、世界中でマナーが問題視されるなど、日本人と中国人は見た目こそ似ているが、習慣や行動規範など、あらゆる面で違っていると言える。

 では、中国人から見た日本はどのような点で違っている見えるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で生活したことのある中国人だけが分かる日本人の特徴や日中の違いについて紹介する記事を掲載している。

 記事は、文化背景や教育、環境が異なれば、必然的に生活習慣や考え方も明らかな差異が生じると指摘したうえで、日本と中国の違いを紹介。まず挙げたのは声の大きさについてだ。日本では大声で話していれば、周囲から白い目で見られる可能性は高い。特に、その場所が公共の場所や公共交通機関の車内であれば尚更だ。だが記事は、中国人は「大声で話すことは、個人の性格であると考える」と伝え、大声の人は「豪胆で率直」というポジティブな評価がなされることが多いと指摘、声の大きさが「マナーや礼儀と結びつけられて考えられることはない」と指摘した。

 また、公共交通機関などでの痴漢行為について、日本人女性は被害にあっても恥ずかしがって声も出せない人がいると伝える一方、中国人女性が痴漢された場合は生ぬるい対処では済まないことを指摘。相手にビンタを食らわせたうえで罵りの言葉を浴びせることが普通だと紹介した。

 さらに記事は、日本国内では米国に対して悪い感情を抱く人が極端に少なく、多くの日本人は「米国は自由な世界をもたらすリーダー」と考え、世界の発展に貢献する国と認識していると主張。一方、中国人は「米国は世界を牛耳る覇権の象徴」と考え、世界の平和に対する脅威をもたらす国と認識していると紹介した。中国からすれば、「米国は南シナ海問題や尖閣問題で口を挟んでくる鬱陶しい国」というように映るのだろう。

 そのほか、日本人と中国人の「愛国心」の違いについても紹介している。日本人は政府を批判することが愛国につながると考えていると紹介する一方、中国では「政府を批判することは売国であり、国を乱そうとする敵対勢力と見なされる」と指摘、国を褒め称えることこそ愛国的行為なのだと指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)