TDL「ディズニー七夕デイズ」 人力車に乗って登場したミッキーマウス

写真拡大

東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)で2016年7月7日まで、七夕イベント「ディズニー七夕デイズ」が行われている。TDLでは「パレードルート」で、TDSでは「メデテレーニアンハーバー」で、彦星や織姫をイメージしたコスチュームのミッキーマウスやミニーマウスらが「七夕グリーティング」として、ゲストらにあいさつする催しを行っている。

両パークに短冊おさめる「ウィッシングプレイス」

TDLの「七夕グリーティング」ではまず、ビートが効いた七夕ソングに誘われるように、ミッキーとミニーがそれぞれ人力車に乗って登場。ともに車上から身を乗り出すように沿道のゲストらに向かって手を振る。マーチングバンドが軽やかにステップを踏みながら続き、サウンドが一段と高まる。

そして、グーフィーやプルート、チップとデール、マックス、クラリスが七夕飾りを手に行進。ドナルドダックとデイジーダックが乗ったフロートが後を追う。そして、1年に1度の天の川デートを象徴するかのように、白雪姫&プリンス、シンデレラ&プリンス・チャーミングらのカップルがダンスをしながら進み、グリーティングをしめくくる。

TDSでは、水上を進む船からの「七夕グリーティング」。彦星のミッキーと織姫のミニーが上段に、下段の船首にアラジン、ジャスミン、アリエル、エリックが並び、船尾にはダッフィー、シェリーメイが並ぶ。

ハーバーを回って周囲のゲストらにあいさつ。最後にミッキーが「みんなの願いはきっとかなうよ」と"宣言"する。

「七夕グリーティング」の期間中、TDLではワールドバザールに、TDSはニューヨークエリアに「ウイッシングプレイス」を設置。ゆかた姿のキャストが配布する短冊「ウイッシングカード」に願い事を書いて、それをひもで結びつけておさめられる。同期間中はまた、両パークで「ゆかたディズニーキャンペーン」を実施。ゆかたを着て来場したゲストには「ガイドブック」を配布し、ゆかた姿ならではのディズニーの楽しみ方を紹介している。