中国自動車市場における日系車の躍進がとまらない。中国自主ブランド車を選択する中国人も増えてきているものの、やはり信頼性を考えると日系車のほうが優位なのは間違いない。中国メディアの騰訊はこのほど、「中国人はやはり日系車を信用している」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国自動車市場における日系車の躍進がとまらない。中国自主ブランド車を選択する中国人も増えてきているものの、やはり信頼性を考えると日系車のほうが優位なのは間違いない。中国メディアの騰訊はこのほど、「中国人はやはり日系車を信用している」と題する記事を掲載した。

 記事は、2015年9月から15年12月にかけて、中国自動車技術研究センターが行った調査を紹介。中国40都市で2万人の自動車オーナーに対して実施された同調査の結果は「中国自動車業界消費者満足度調査研究」として公表された。

 調査結果から分かるのは「中国自主ブランド車に対する消費者の満足度は向上しつつあるものの、品質に関してはまだまだ改善の余地がある」ことだという。例えば、調査対象となった106車種中、中国自主ブランド車の比率は約40%、合弁車は約60%であり、「中国市場は合弁車がリードしていることは明らかだ」と伝えた。

 また、個別に見ると中国自主ブランド車に対する満足度も決して低くはないものの、全体的に見ると「日系車の人気が高い」と指摘。満足度ランキングトップ20のうち、45%は日系車が占めており、ドイツ車は25%、中国自主ブランド車は吉利汽車の「帝豪」(エムグランド)1車種のみだったという。記事は結論として、もしこのデータが本当なら、「日系車は中国人消費者の心をすでにしっかりと掴んでいると言える」と指摘、日系車はすでに勝利したのだと結んだ。

 一時期は反日感情の高まりなどから伸び悩んだ中国自動車市場における日系車だが、その品質の高さで今では安定した人気を保っていると言えそうだ。しかし、記事でも指摘しているように中国自主ブランドの成長も侮れない。日本メーカーにはさらなる革新と成長が求められるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)