フォード傘下時代にDB7の後継モデルとして登場したアストンマーティンDB9は、英国ゲイドンのファクトリーで製造された最初のモデルでもありました。

2ドアクーペ、2ドアオープンのVolante(ヴォランテ)をラインアップし、2004年(発表は前年)から現在までアストンの主力モデルのひとつとして同ブランドの屋台骨を支えてきました。

1

2016年6月16日、アイコン・モデルとして君臨してきたDB9 のファイナルバージョンである「Last of 9」が発表されました。すでに、3月のジュネーブモーターショーでDB11が発表されていますから「Last of 9」はまさに最終仕様。

世界で18 台のみという超レアな仕様であり、日本には 3 台のみ導入されます。

ファンにとってはまさに垂涎の的といえるでしょう。「Last of 9」の製造を受け持つのは、アストンマーティンのビスポーク的な部門といえる「Q by Aston Martin」。

ボディカラーに「Q ヘリテージ・カンバーランド・グレイ」を採用し、ボディの前後を飾るマザー・オブ・パール製のインレイ・ウイング、V12エンジンに装着される「Q by Aston Martin」プレート、フェンダーに配置されるブラック塗装の「Last of 9」バッジなど、限定車にふさわしいカスタムメイドのバッジも用意。

インテリアには、「サンドストーム・ゴールドレザー」装飾のピンストライプがあしらわれた「セミアニリン・ビターチョコレート・カラー」の本革シートを装備。「Last of 9」の刺繍も施されるほか、ヘッドライニングは質感の高さを抱かせるカシミア張りとなっています。

ダッシュボードには、「フィドルバック」と呼ばれる木目を美しく揃えたウッドパネルが採用されているほか、ビレット・アルミニウム製のロータリースイッチに機械加工による飾り模様も施されています。

「Last of 9」を手にできる幸運なオーナーには、製造プロセスが記録された「Q by Aston Martin」ブックが贈呈されるとともに、アストンマーティン・オーナーズ・クラブへの登録が公式に行われます。

クルマの出自が保証されるため、コレクターズアイテムとしての価値も高まります。

さらに、クルマの製造工程を見学するために、アストンマーティン本社を訪れることもできるそう。なお、日本向けはクーペのみ3台で、価格は3319万7000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

ジェームズ・ボンドが乗ったDB10よりも速い!? アストンマーティンDB11が世界デビュー
http://clicccar.com/2016/03/08/358346/

最後のアストンマーティンDB9「Last of 9」のコレクターズアイテム化は必至!?(http://clicccar.com/2016/06/18/379430/)