16日、韓国メディアによると、サッカーJ2長崎に所属する北朝鮮代表の李栄直選手のツイッターに差別的な書き込みがあったことが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからは批判的なコメントが多く寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月16日、韓国・聯合ニュースによると、サッカーJ2長崎に所属する北朝鮮代表の李栄直(リ・ヨンジ)選手のツイッターに差別的な書き込みがあったことが分かった。

長崎によると、今月12〜13日、在日朝鮮人を蔑視する表現や被爆などにより生じる赤い皮膚腫瘍を意味する「ケロイド」といった単語が含まれた短文が24回連続で李選手のツイッターに投稿された。長崎は13日にJリーグに通報したという。

これを受け、李選手は自身のツイッターに「長崎県を悪く言わないでほしい。在日朝鮮人である事実に誇りを持って生きていきたい」と書き込んだ。

この報道に、韓国のネットユーザーからは批判的なコメントが多く寄せられた。

「同じ人種同士でなぜ人種差別を?」

「なぜ日本人はそのようにしか生きられない?」

「あきれて言葉も出ない。人間のすることではない」

「日本人と韓国人はお互いに協力し合って生きていくべきなのに…」

「日本の国民性がどんどん退歩していく」

「そんなに騒ぐこと?韓国のSNSにもひどい書き込みがあふれているじゃないか」(翻訳・編集/堂本)