6月は結婚式シーズン。土日になると、あちこちで結婚式帰りのゲストを目にします。

幸せいっぱいの結婚式は、見ている側もハッピーな気持ちになれるものですが、中には「これってどうなの?」と思うサムい演出も正直ありますよね。

そこで、今回『VenusTap』では、一般女性に「見ていてサムい結婚式の演出」について独自アンケートを実施。言いたいけど言えない、ゲストの本音について探ってみました。

■“似顔絵入り引き出物”がサムい演出1位に!

女性500名に「見ていて“正直サムい”と思う結婚式の演出は?」とアンケートを行ったところ、上位10位は以下の結果となりました。

1位:似顔絵入り引き出物(29.4%)

2位:神輿やゴンドラでの登場(25.2%)

3位:強制キス(25.0%)

4位:再現プロポーズ(24.6%)

5位:内輪ウケだけの余興(23.6%)

6位:至る所に置いてあるラブラブ写真(22.2%)

7位:新郎の歌(19.2%)

8位:2人の歴史動画(17.0%)

9位:売れてない芸能人の余興(15.8%)

10位:女友達の涙のスピーチ(14.4%)

最も「サムい」と思われている結婚式の演出は「似顔絵入り引き出物」でした。

Twitterでも「似顔絵入り引き出物はいらないよねえ」、「新郎新婦の似顔絵入った皿! 何、顔の上にハンバーグ乗っけていいの?」というような声もあり、サムさと共に使い道に困っている人が多数いるよう。

しかも、2人がラブラブなころはまだいいですが、離婚した場合はその引き出物をどうすべきか、本気で悩みそうですよね……。

■“置いてきぼり”を感じさせる演出はサムい?

2位の「神輿やゴンドラでの登場」や、4位の「再現プロポーズ」、5位の「内輪ウケだけの余興」など、新郎新婦自身、または一部の人間だけが盛り上がる演出は、「サムい」と感じられやすいよう。

盛り上がれば盛り上がるほど、伝わらないゲストが置いてきぼり状態になり、ぽかんとしてしまうのは想像がつきますよね。

自分たちとゲストとの間には多少なりとも温度差がありますので、あまり派手すぎる演出やわかりにくい余興は避けた方が無難なようです。

■歌がカッコいいのはプロだから!?

先日行われたミュージシャンのDAIGOと女優の北川景子の結婚披露宴では、DAIGO自身が作詞作曲した『KSK』が「かっこよすぎる」、「感動した」と話題になり、急きょCD発売までする事態になりました。

しかしながら、アンケートでは“新郎の歌”がサムい演出7位にランクインしています。歌唱力のレベルにもよるのかもしれませんが、やはり素人が歌う場面はイマイチのよう。

また、プロのミュージシャンはきちんとバックバンドを従えてのステージ。その違いがサムさと感動の境界線なのかもしれません。

■結婚式をしないと離婚率が高い?

このようなランキングを見ると、「何をやってもサムいと思われそうだし、いっそのこと結婚式は挙げない」という意見もありそうですが、過去記事「ゲ…離婚経験者8割が“ナシ婚”だった!? 別れない秘訣は結婚式と判明」によると、離婚したカップルほど結婚式を挙げていない人が多い傾向があるのだとか。

結婚式を挙げないことで離婚を招くわけではないですが、やはりきちんと式を挙げると“けじめ”になるのかもしれません。

いかがでしたか? 結婚式は人生を共にする相手をゲストに披露し、公で愛を誓う場所。自分たちのためのセレモニーではありますが、招くゲストへの配慮も大切です。

帰り道に「いい式だったね」とゲストに感じてもらえるような、みんなの思い出に残る結婚式を目指したいですね。