日中は仕事や勉強に集中できるようになり、夜はぐっすり快眠を与えてくれる夢のような成分が注目されています!この成分とはテアニンと言いなんと緑茶に入っている成分なのです。テアニンのサプリメントも続々と販売されています。

テアニンとはどんな成分なの?

テアニンはお茶などの大量に含まれている旨味成分で、アミノ酸の一種です。このテアニンには様々な健康作用が認められています。なかでもリラクゼーション作用と集中力や記憶力を高められる作用に注目と期待が集まっているのです。

緑茶を飲めばいいの?

1杯の緑茶を飲むことでホッとしたり、気分転換にもなるのでその後の作業を集中して取り組めるようになったという体感は多くの皆さんにあると思います。しかし緑茶1杯に含まれるテアニンの量はごくわずかですから、本当にテアニンのパワーを体感したい方はやはりサプリメントで摂取するか機能性表示食品を選んでみるのも一つ。摂取目安量は定められていませんが、1日200mgで体感が得られるという報告が多数です。

テアニンには他にも嬉しい作用が

◯ストレス解消に

テアニンの摂取濃度が高いとリラクゼーションに関与するα波が強く現れるため、リラックスや快眠、ストレス解消に良いとされています。

◯集中力アップ

またテアニンはドーパミンと呼ばれる脳の神経伝達物質を活発に分泌させてくれるため、集中力や記憶力を高めることが期待されます。

またテアニンには血管拡張作用が認められていて、血行を促進させるため、冷え性改善にも役立つとされています。緑茶(玉露)1杯に含まれるテアニンの量は約34mg。テアニンを上手に摂取して、オンもオフも快適にすごしてみては?


writer:ベターマルシェ