ヤダ…大幻滅?職場の男性が「ゲンナリしちゃう」オフィスでの美意識4つ

写真拡大

会社でも美意識の高さを発揮して、仕事をこなしつつ美人になる努力を怠らない女子だっていますよね!

仕事中だからって女子力を低下させるワケにはいきませんし、美意識を捨てておブスな姿を見せるワケにはいきません。

ですが、女子的には女子力高めな美意識高い生活を送っているだけでも、職場の男性陣からすれば「ヤりすぎだよ……」と感じてしまう振る舞いもあるのが事実だそう。

モテを発揮したくて美意識を忘れずにいたつもりが、かえって非モテに転落してしまったらガッカリです。

そこで今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、職場の男性陣にゲンナリされちゃう過剰な美意識を4つお伝えします。

■1:仕事中もメイクチェック!? デスクにミラー

仕事中でもメイク崩れが気になって仕方ない! という女性のなかには、いつでもチェックできるようにデスクにミラーを置いているひともいるのでは?

ですが、会社は仕事をするべき場所なのに、デスクに堂々とスタンド式のミラーが置いてある様子を見て「ヤりすぎでしょ」と思う男性は少なくないのだそう。

デスクにミラーが置いてあるだけで、仕事よりも美容が大好きな軽い女性のイメージも強くなるのだそうです。

ミラはーデスクの上ではなく引き出しの中にしまっておいたほうが無難です。

■2:同僚とランチはムリッ! おしゃれランチを毎日持参

少し前に流行ったメイソンジャーサラダなど、雑誌やテレビで紹介されるおしゃれなお弁当ランチに感化されて実践している女子も多いはず。

そして、トレンドど真ん中なおしゃれランチを持参する自分を「私ってイケてる!」って思うのも心理かもしれません。

でも、毎日トレンドっぽいおしゃれなランチを持参し、同僚からランチに誘われても一緒に出かけないでひとりおしゃれランチをしている女子を見て、「なんか違う」って違和感を抱く男性もいるんですって。

普通のお弁当ではなくおしゃれランチだからこそ、目立って滑稽に映るのだとか……! おしゃれランチを持参するのは楽しい取り組みではありますけれど、そのせいで同僚女子とランチにも出かけずひとりで寂しげに食べている姿は、男性からすると“おしゃれ”に映らないようです。

おしゃれランチを持参するのは、週に数回程度にしておいたほうがいいのかも!?

■3:リラックスしすぎ? デスク下に脚ケアアイテムをセット

デスクに座りっぱなしの時間が長いと足がむくんできますから、誰にもわからないように青竹踏みやツボ押しマットなどをデスク下にセットしている女子もいますよね?

アフター5のデートに、ぶくぶくにむくんだ脚で行くわけにはいきませんものね。

でも、デスク下に脚ケアのためのアイテムをセットしている女子の姿を見て、なんとも言えないゲンナリ感を抱く男性もいるのだそう!

仕事中も脚ケアを意識するのは美意識の表れですけれど、男性陣は「色気がないよなぁ」と幻滅しちゃうこともあるようです。

デスク下で脚ケアをしたいのであれば、男性陣の目に触れさせてはいけません!

■4:トイレでやってくれ! デスクでメイク直し

メイク崩れが気になったとき、男性の目に触れる場所でお直しなんてしていませんよね?

お昼休みの終盤に「トイレは混んでるからデスクでメイク直ししちゃおーっと」などと作業をするのは危険です。

じつは、女性が公共の場でお化粧をする姿に幻滅する男性も少なくなく、人目に触れる場所でお化粧をしている姿を品がないと捉えるひとも。

会社のデスクは私的空間のようで公共の空間。

いわゆる、電車のなかでメイク直しをするのと同じように違和感を抱く男性もいるので要注意です。

以上、職場の男性陣にゲンナリされちゃう過剰な美意識を4つご紹介しましたが、いかがですか?

美意識が高いほど女性としての魅力も増しそうなものなのに、意外ですよね?

職場は仕事をする場であることから過剰な美意識にはそぐわない場所という考え方を持つ男性も少なくないようです。

素敵な私をキープしたいっ! と美容ばかりに意識を向けすぎて「会社にそぐわないことしてるよなぁ」と幻滅されないようご注意くださいね。