いまTwitter上で、“#元カレ元カノを思い出してツイート”というハッシュタグが飛び交っているのを知っていますか?

別れた恋人にまつわる思い出をツイートするもので、最後に「それでは聞いてください」と、歌番組での曲紹介のような一言を付け加えるのがルールのようです。

この#元カレ元カノを思い出してツイート、切ないものから情けないものまで、悲喜こもごもの体験がシェアされていて、以上な盛り上がりをみせています。

今回は、その中でも特に気になる元カレエピソードを反面教師としてピックアップしてみたいと思います。

■そのハーブ、カモミールとかじゃないですよね……

元カレが脱法ハーブをやっているのを見てしまい別れを切り出したら、彼が「ごめんなさい」と謝ってきたものの、自分ではなく壁に向かって一生懸命頭を下げていたという戦慄のツイート。

せなの元彼がハーブやってて
それを現行犯で見ちゃったせなは、
別れるって言ったのね。
そしたら元彼、
“せなぁ。嫌だよ。ごめんなさい。”
ってずっとずっと謝ってた。

それでは聞いてください
「何で壁に向かって謝ってんの?」

ハーブは怖いね。#元カレ元カノを思い出してツイート

- Sena. (@chiochio818) 2016年6月6日

ハーブと言っても、もちろんオシャレカフェでお茶として出てくるヤツでも、カフェ飯の味付けに欠かせないアクセントでもありません……。

違法薬物などは芸能人の逮捕もたびたび話題になりますが、違法か脱法かギリギリのところでも“ヤッてる系”の男性にはくれぐれも注意したいものですね。

■なんで職業知らないの……? ネタっぽいけどおもしろい

次は彼女に「花火大会に行こう」と誘われ、「仕事だから」と断った男性のツイートです。しかし、男性が花火大会会場にいると分かって彼女に「最低」と言われ……。

“それでは聞いてください「おれの仕事花火師」”というオチは、落語の小話のようによくできていますよね。

彼女「暇なら花火大会行こう」
おれ「ごめん、今日仕事が…」
彼女「そうなんだ… 今、会社にいるの?」
おれ「今花火大会の会場」
彼女「え?仕事って嘘?最低。もうわかれよ」
おれ「え、いやその…」

それでは聞いてください
「おれの仕事花火師」#元カレ元カノを思い出してツイート

- 元カレ元カノを思い出してツイート☆厳選 (@moto_karekano) 2016年6月10日

「職業も知らない相手と付き合ってたんかい?」という突っ込みはさておき、非常によくまとまった小ネタでRTされまくっているようです。

■業務連絡でももうちょっと長いわ! 簡略すぎる別れ話

彼氏に「別れよう」と言ったら「了解」とだけ返ってきたという彼女。業務連絡のようだと嘆いていますが、業務連絡はもっと丁寧です!

#元カレ元カノを思い出してツイート

私 「別れよ」
元彼「りょーかい」
それでは聞いてください
「業務連絡か」

- ララ (@h_rara_17) 2016年6月5日

「今の若い子はドライだねぇ……」と言いたくなるような軽さですね。

かといって「下記、了解いたしました。短い間でしたが大変お世話になりました。また、なにか機会がございましたらよろしくお願いいたします」と、ガチな業務連絡で返されてもそれはそれで困りますね。

いかがでしたか?

他にも“別れて9ヵ月の彼氏に子どもが生まれた”という趣旨の「あれ? 子どもって何ヶ月で生まれるんだっけ?」という悲惨なツイートや、“彼氏の携帯に入っている写真を見て「こんなブスと付き合ってたの?」と言ったら自分のすっぴん”という物悲しいものまで、RTやいいねがたくさんついている秀逸なツイートぞろいです。

良いエピソードをお持ちの方はぜひ参戦してみてください。