17日、韓国メディアによると、韓国で2014年に起きた旅客船セウォル号の沈没事故当時、行方不明者の捜索に参加していた民間の潜水士キム・グァンホンさんが死亡しているが見つかった。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は犠牲者追悼活動。

写真拡大

2016年6月17日、韓国・ハンギョレによると、韓国で2014年に起きた旅客船セウォル号の沈没事故当時、行方不明者の捜索に参加していた民間の潜水士キム・グァンホンさん(45)が死亡しているが見つかった。

韓国京畿道・高陽消防署は、「17日午前7時52分ごろ、京畿道高陽市にあるビニールハウスの中で倒れて死亡しているキムさんを発見し、警察に引き渡した」と明らかにした。キムさんは同日午前3時ごろ、知人に自殺をほのめかすメールを送っていたことが分かっている。

セウォル号の沈没事故当時、民間の潜水士として行方不明者の捜索に参加したキムさんは、「4・16セウォル号惨事特別調査委員会」が行った聴聞会に証人として出席するなど、事故原因に関する真相究明活動に携わってきた。また、今年4月に行われた韓国総選挙では、「セウォル号の弁護士」と呼ばれるパク・チュミン候補者の選挙キャンプに参加し、候補者の車を運転するなどのボランティア活動も行っていたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「セウォル号事故の重要な証人はなぜかみんな自殺する」
「何か陰謀があるに違いない。セウォル号の引き揚げ作業が始まったと思ったら、セウォル号をよく知る潜水士が死んだ。一体、誰が殺した?」

「明らかに国家による殺人だ!」
「最近の『ヘル朝鮮(地獄の韓国)』は本当に恐ろしい」
「他殺の可能性も含めて、徹底的に調査してほしい。たくさん苦労してきた人なのに、ひど過ぎる」

「怪しい。もしかして、政府はセウォル号の秘密を知っている人を1人ずつ…」
「自殺する理由が分からない。自殺をほのめかすメールは殺害した犯人にでも送れる」(翻訳・編集/堂本)