初日1打差4位タイと好位置につけた辻(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ニチレイレディス 初日◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>
 今季『サイバーエージェントレディス』で自己最高の4位タイに入るなどツアー参戦4年目にして、最も好調なシーズンを送っている辻梨恵。スコアが伸びる展開となった『ニチレイレディス』初日も、チップインバーディを2度を見せるなど6バーディ・2ボギー“68”でラウンドし、4アンダー・4位タイ発進と上々の滑り出しとなった。
【関連】3年前に渡邉彩香ら埼玉栄高校プロで集まって記念撮影をする辻梨恵
 「難しいので本音をいえば嫌いです」とコースの難易度の高さには苦笑いだが、2013年大会・6位タイの経験と2週間前に練習ラウンドで準備をしてきたことで好結果に。「ここのコースはパターが入ってくれる。読みが合いやすいのかな」と難しい印象とは裏腹に相性の良さを感じている。
 また『サイバーエージェントレディス』の結果で変化した心構えも要因。「もっと上にいくには、初日から気持ちを入れていかないといけない。今日はそこを意識しました」。
 これまで初日の立ち上がりの意識はパーを重ねることを考える安全策だったが「最初から狙っていかないといけない」と攻める意識に変わった。
 「明日以降もコースは難しいので気を抜かないように」とリスクマネジメントをしながらスコアを作っていくと展望を語った辻。埼玉栄高校の同級生・渡邉彩香はもうツアーの中核選手に。渡邉のように上を目指すために、3日間通して強気の姿勢を貫いて結果を残したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>