夏が近づき、ドリンクを摂取することも増えてきますよね。とりあえずのどが乾いたら飲む、という方も多いと思いますが、実はドリンクごとにその含有成分が持つ効果を最大限に発揮できるタイミングがあるのです。

そこで今回は、一日のシーン毎に飲むべきおすすめのドリンクをご紹介します。

■朝飲むと良いドリンク

夏場は会社に着く頃には汗だくになりがちですよね。ペットボトルでも発売されているココナッツウォーター(なるべく100%のもの)は、「天然のスポーツ飲料」という異名を持っているほどミネラルを多く含み、デトックス作用も期待できます。汗をかくとミネラルも一緒に排出されてしまうため、ミネラル補給のできる水分摂取はとても大事です。

また、カリウムも豊富に含まれているので、デスクワーク中にはむくみケアにも最適なココナッツウォーターを飲みましょう。夏場は特に日頃飲んでいる水を、ココナッツウォーターに代えると良いですよ。

■コーヒーはランチ後がベスト

コーヒーが飲みたい方は、このタイミングがおすすめ。コーヒーはカフェインを多く含むことから、眠くなりがちな午後に効果的です。胃を荒らすことがあるため、必ず食事の後に飲みましょう。

ダイエット効果を期待するなら、必ずブラックの状態で。甘いコーヒーが好きな方は、オリゴ糖を豊富に含むアガペシロップかヤーコンシロップをストックしておけると尚良しです。

■カロリー高めなドリンクは夕方に

仕事で疲れた時は、リラックス作用のあるスーパーフード、カカオドリンクを飲みましょう。カカオポリフェノールには、美肌やエイジングケア効果も期待できます。カカオドリンクの中でもココアを選ぶ際には、なるべくココアの主成分であるカカオそのものの香りや、味が楽しめるモノがベターです。

■就寝前におすすめのドリンク

ホットミルクに、スプーン一杯の生ハチミツをプラスしましょう。牛乳にはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸が含まれていますが、これが安眠に役立つと言われています。スーパーフードとしても効果が注目されている生ハチミツを加えることでグルコン酸が摂れるので、翌日の腸のコンディションを整えることができます。

飲みたい時に飲みたいものを飲むのも良いですが、その時何を飲むと一番効果的かという点にも、是非注目してみてくださいね。

【関連記事】

努力家「ローラ」をマネっこ!夏までにキレイに痩せる6つの習慣