16日午後8時10分ごろ、韓国・ソウル長安洞にあるタイヤ販売店で火災が発生し、近隣の消防設備を総動員する「対応1段階」が発令された。

写真拡大

2016年6月16日午後8時10分ごろ、韓国・ソウル長安洞にあるタイア販売店で火災が発生し、近隣の消防設備を総動員する「対応1段階」が発令された。

火は約1時間後に消し止められたが、タイヤが燃えて有毒ガスが発生。近くのマンションの住民7人が煙を吸って病院に運ばれ、数十人が緊急避難した。また、タイヤ販売店の隣にある建物の2階の一部が焼けたという。

警察と消防当局は火災の原因と被害の規模について調べを進めている。(翻訳・編集/堂本)