写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Texas Instruments(TI)は、高性能パワートレインアプリケーション向け車載用モータードライバ製品として、多機能の三相ブラシレスDCゲート・ドライバ「DRV8305-Q1」および大電流ハーフブリッジ・ゲート・ドライバの「UCC27211A-Q1」を発表した。

DRV8305-Q1はトランスミッション・ポンプやエンジンの冷却ファンなどのパワートレインのアプリケーション向けに、制御用のMOSFETをEMC(電磁適合性)要件に対して簡単に最適化できるプログラマブルのスルーレート制御を備えた、スマート・ゲート・ドライブ・アーキテクチャを提供するドライバICで、AEC-Q100 Grade 0 の車載温度要件に適合している。

最小4.4Vで動作が可能なため、スタート/ストップでの動作をサポート。自動車メーカー各社は燃費や二酸化炭素排出などに向けた標準規格への適合が可能なほか、3.3V/5Vのリニア・レギュレータ、3個の電流センス・アンプ、スマート・ゲートドライブ・アーキテクチャを内蔵しているため、外付け部品点数を最大20個削減することが可能だ。

一方のUCC27211A-Q1はブラシ付とブラシレスの両方のDCモーター・アプリケーションのサポートを提供するもので、4.89mm×3.9mmの小型パッケージながら、15nsの伝搬遅延時間、7nsの立ち上がり/立ち下がり時間、4A(ピーク)のゲート駆動能力といった性能を提供する。また、-12Vの負極性定格を提供しているため、潜在的な損傷を与える電圧スパイクに対する保護も可能だ。

すでにDRV8305-Q1は9mm×9mmの48ピンHTQFPパッケージで、UCC27211A-Q1はPowerPAD付きの8ピンSOICパッケージでそれぞれ提供が開始されており、1000個受注時の単価(参考価格)はそれぞれ2.65ドル、1.77ドルとなっている。また、DRV8305-Q1には三相モーターの駆動、制御システムの迅速な設計や設定が可能な評価モジュールも用意されており、こちらの単価(参考価格)は99ドルとなっている。

(小林行雄)