17日、環球網によると、フィリピンの米国大使館は16日、米軍の電子戦機EA-18Gをフィリピン・ルソン島のクラーク空軍基地に配備したと発表した。資料写真。

写真拡大

2016年6月17日、環球網によると、フィリピンの米国大使館は16日、米軍の電子戦機EA-18Gをフィリピン・ルソン島のクラーク空軍基地に配備したと発表した。

米軍が配備したEA-18Gは計4機。フィリピン空軍の韓国製戦闘機FA-50との合同演習を予定しており、南シナ海で警戒監視活動を行う可能性も指摘されている。同基地は中国が実効支配するスカボロー礁から約300キロの距離にあり、過去に同岩礁付近の上空を飛行した米機はこの基地から飛び立っている。(翻訳・編集/野谷)