中国メディアの百姓観察網はこのほど、マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画が中国と日本の「頂上対決」になると主張する記事を掲載した。同プロジェクトの受注獲得を目指している国は日本と中国だけでなく、フランスや韓国、ドイツの企業も含まれている。記事がそれでも今回の受注競争が「中国と日本の頂上対決になる」と説明するのは、現段階において日中両国の活動が際立っているからだ。(イメージ写真提供:(C)Xie Fei/123RF.COM)

写真拡大

 中国メディアの百姓観察網はこのほど、マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画が中国と日本の「頂上対決」になると主張する記事を掲載した。同プロジェクトの受注獲得を目指している国は日本と中国だけでなく、フランスや韓国、ドイツの企業も含まれている。記事がそれでも今回の受注競争が「中国と日本の頂上対決になる」と説明するのは、現段階において日中両国の活動が際立っているからだ。

 記事は受注を目指す日中両国の活動があたかも「武器を研ぎ、戦馬に十分食べさせる」かのようだと指摘。つまり「命のかかった戦」のために真剣な準備を行っているという見方だ。

 この真剣な準備活動の1つの事例として記事は、中国鉄路総公司の盛光祖総経理が中国鉄路代表団を率いてマレーシアを訪問したこと、また日本も国土交通副大臣をマレーシア及びシンガポールに派遣し、トップセールスやシンポジウム開催などを行ったことを説明した。

 しかし記事は日中どちらの高速鉄道技術にも問題はないが「心の態度が違う」と説明。中国は「誠意」をもってセールスしているため「世界の称賛を勝ち得ている」が、日本は「利己的」であり、「発展途上国の弱みを握り、外貨を稼ぎ、自らの政治的な立場を押し付ける」と主張。この態度が中国と日本の「最も本質的な違い」であると説明した。

 記事に言わせれば今回の受注競争における頂上対決は誠実な中国と利己的な日本の対決といういわば勧善懲悪の世界を成しているようだ。もし記事の言うとおりだとすれば、中国が受注競争に勝てばマレーシアとシンガポールはその誠実さから利益を得ることができ、日本が受注を獲得すればマレーシアとシンガポールは被害者となってしまう。

 「正義は必ず勝利する」のが勧善懲悪の世界だが、記事からはその自信は伝わってこない。今回の受注競争の「結果が例え勝ちでも負けでも、中国高速鉄道の輸出戦略における確信と足取りに全く影響しない」と記事は説明しており、記事が利己的であると指摘した日本に負けることもあり得るという見方を示している。また、そもそも中国が高速鉄道輸出を推進しているのは、自国経済を中心とした経済圏を確立するためであり、中国のほうが利己的な考え方といえるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Xie Fei/123RF.COM)