7万通りの「あなたの好きなフェンダー」──カスタマイズ可能なサイトがオープン

写真拡大

フェンダーのギターやベースを7万通りの組み合わせからカスタマイズ、注文できるオンラインサーヴィス「Mod Shop」を紹介。

「7万通りの「あなたの好きなフェンダー」──カスタマイズ可能なサイトがオープン」の写真・リンク付きの記事はこちら

アンディ・ムーニーは、新しいギターを買うと決めたとき、楽器店には行かなかった。それは彼が、世界で最もアイコニックなギターメーカー、フェンダー・ミュージカル・インストゥルメンツのCEOを2015年から務めているためではない。楽器店に行っても欲しいギターが見つからないからだ。

例えばゴールドのハードウェアにローズウッドの指板、ロッキングチューナーが付いたヴィンテージブロンドの「テレキャスター」──。フェンダーは125種類のエレキギターを販売しているが、このような組み合わせは存在しない。そこでムーニーCEOは、フェンダーの新しいオンライン・デジタルデザインスタジオ「Mod Shop」で特注することにした。

Mod Shopは、NIKEが運営するカスタマイズサイト「NIKEiD」のような感じで、靴の代わりにギターを特注できる。テレキャスターだけでなく、フェンダーを代表する「ストラトキャスター」や「ジャズベース」、「プレシジョンベース」から好きなモデルを選び、色や指板、ピックアップ、チューナー、ハードウェアをカスタマイズできる。価格は1,650〜1,800ドルだ。

SLIDE SHOW 01-fender2-1024x768

1/5フェンダーは、新しいオンライン・サーヴィス「Mod Shop」を開設した。

02-fender3

2/54つのモデルからカスタマイズできる。

03-fender1

3/5インターフェースはシンプルだ。

04-fender4-1024x768

4/5注文したギターは30日以内に届けられる。

05-fenderhp-1-1024x768

5/5

Prev Next

フェンダーは、2年前にも「American Design Experience」という特注サーヴィスを立ち上げている。ネックの形や素材から弦のアクション、ケースの寸法や仕上げにいたるまで、1,300万通りもの組み合わせから選ぶことができた。しかし、顧客は膨大すぎる選択肢に圧倒され、出来の悪いインターフェイスに悩まされた。

Mod Shopの場合、7万通りの組み合わせが可能だが、1,300万と比べればはるかに少ない。顧客は気軽に選ぶことができ、ギターの製造もはるかに容易だ。標準の部品のみで構成されているため、注文後30日以内に手元に届く(American Design Experienceの納期は数カ月だった)。

インターフェイスも改良されている。サイト上で変更を加えると、すぐに変更後のデザインが表示される。スナップショット機能も追加され、さまざまなデザインを保存し、比較できるようになった。さらに、オンラインと実店舗のギャップをつなごうともしており、顧客たちが実店舗に気軽に行けるようにする工夫も行われているという。

関連記事再起動する老舗、フェンダーがつくるプレイヤーのための「エコシステム」(2016.04.18)