写真提供:マイナビニュース

写真拡大

世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)は6月15日、飲料の発がん性に関する調査結果を発表した。同発表によって、コーヒーの発がん性を示す決定的な証拠はないことが明らかになった。

同機関はこれまで、コーヒーは「ヒトに対する発がん性が疑われるもの」が分類される「2Bグループ」に属するのがふさわしいという評価をしていた。

だが、研究グループがヒトと動物を対象にした1,000以上の研究を調べたところ、「コーヒーに発がん性がある」と認定するだけの十分な証拠が得られなかったという。むしろ、肝臓や子宮などの発がんリスク低減を示唆する研究が見られたとのこと。

一方で、熱い飲み物に食道がんを引き起こすリスクがあると同機関は指摘。中国やトルコなどをはじめとする、温かい(約70度)お茶などを伝統的に飲む国では、食道がんリスクが増える傾向があるとしている。

IARCのクリストファー・ワイルド所長は「非常に熱い飲み物は食道がんの一因である可能性がある」と説明。飲み物の種類ではなく、温度そのものに関係があると推測しており、65度以上の飲料は「恐らく食道がんを引き起こす」としている。

コーヒーが健康に与える影響に関しては、これまでにポジティブとネガティブな研究が多数発表されてきていた。その"論争"に終止符を打つかのような今回の結果に、インターネット上では「これから遠慮なく飲める」といった安堵(あんど)の声が見られた。

しかし、温度にまつわる結果はそれ以上に気になるようで、「65度以上ってほぼ全部じゃ」「アイスコーヒーを飲むようにしよう」「食道熱くなる感じがたまらなく好きなんだけど…」といった困惑のコメントも多数見られる。

※写真と本文は関係ありません