15日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本が中国海軍を恐れない理由について分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月15日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本が中国海軍を恐れない理由について分析する記事を掲載した。

記事によると、日本が恐れる海軍は、第1に世界一の海軍力を有する米国、第2に一時期よりは衰えたとはいえ腐っても鯛といえるロシア、そして第3がインド洋で米国に次ぐ海軍力を持ち、いつでも日本の海上ルートを封鎖できるインドであり、中国は含まれていないという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は西側諸国や米国の支持があるからな」
「中国海軍は中国人に見せるためのものだからな」

「愛国でも冷静になるべきだ。中国海軍はまだ日本には勝てない」
「別に日本を恐れさせる必要はない。いつでも沈めることができればそれでいい」

「日本は口では強気だが内心は中国を恐れているよ」
「恐くないと口で言っているだけだろ。実際に戦ってみれば誰が恐いかすぐに分かる」

「中国人は善良すぎて本気で戦わないからだな」
「日本人に軽く見られる原因は中国人自身にある。反省しないと」

「中国は日本を痛い目に遭わせることができていないからな。だから恐いとは思わないのだろう」
「なぜ日本は中国を恐れないのか?それは日本がどれだけ中国をバカにしても中国人は日本製品を買うからだよ」

「日本人が一番恐れているのは中国人旅行客が買い物をしなくなること」(翻訳・編集/山中)