写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフォテリアとテックビューロは6月16日、ミャンマーのマイクロ・ファイナンス機関であるBC Financeの融資・貯金の基幹システムの勘定データを、「ASTERIA WARP」と「mijinアダプタ」を用いてMicrosoft Azure上に配置したプライベート・ブロックチェーンである「mijin」への移行に成功したと発表した。

これにより、ASTERIA WARPとmijinがマイクロ・ファイナンスの業務プロセスに適用可能なことが確認でき、勘定データ記録にプライベート・ブロックチェーン技術が適用可能であることを実証した。

両社によると、マイクロ・ファイナンスでプライベート・ブロックチェーン技術を使った実証実験は世界初の試みだという。

同実験は、2016年5月28日から6月5日にかけて、ヤンゴン市内のBC Finance本社で実施。参加したエンジニアは、インフォテリアが2人、BC Financeが1人の計3人。

BC Finance(全19支店をミャンマー8州に設置)の1支店のアクティブな口座におけるすべての取引履歴(勘定データ)を、ASTERIA WARPおよびmijinアダプタを利用し、mijinに記入した。なお、BC Financeでは1アカウント(1顧客)に対してLoan(融資)用1口座、Saving(貯蓄)用2口座の合計3口座が割り当てられる運用だったという。

今後、一定期間連続で並行運用実験を行う予定であり、2016年7月前半に開始し約6週間実施する計画だ。また、クライアント(各支店の端末)からmijinへの書き込みやデータ参照などを担う、アプリケーション開発についての検討を進めるとしている。

ミャンマーでは、さらなる成長が期待されるBC Financeの利用者増加が見込まれており、現行のシステムでは利用者の拡大によりデータ管理コストも増加していくことが想定されている。そのため、ブロックチェーン技術の導入により、勘定データを安全かつ安価なコストで運用することで、マイクロファイナンスの事業拡大をスムーズにできると両社は考えている。

また両社は日本国内に加え、海外におけるブロックチェーン技術の普及・浸透にも注力している。今回の実証実験で得た成果を他国に向けた展開にも活かしていくことで、両社の提携を世界規模なものに発展させていく方針としている。

(山本善之介)