入浴時の"泡遊び"がアートへと昇華する!?

写真拡大

アミューズメント玩具や雑貨などを手がけるシャイン(東京都台東区)は、泡ハンドソープで3Dアートを楽しめる「あわモコ3Dペン」を2016年7月16日に発売する。

市販の泡ハンドソープをカートリッジ式のタンクに充填し、ボタンを押すと電動でペン先から泡を生成。簡単に"泡アート"を楽しめる。泡の細かさはダイヤル調整が可能で、泡ハンドソープの質や作りたいものに合わせて試行錯誤しながら創作できる。

身の回りの物に泡を乗せることで意外な面白いものを作れるほか、同時発売のフェルト製のパーツを組み合わせた動物の型「あわモコ3Dシート」を使用すれば、凝ったものが簡単に作れるという。

電源は単4形アルカリ乾電池×1本(別売)。動物の目や口、耳などをかたどった「デコシート」が付属する。

価格は2480円(税別)。

同時発売の「あわモコ3Dシート」は、「動物園」「恐竜」「ペット」「水族館」の4種類をラインアップ。価格は各680円(税別)。