写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●MobileファーストからAIファーストで生産性向上
今やビジネスにも欠かせないサービスを提供しているGoogle。そのGoogleが提供しているサービスやそれらサービスの導入・活用事例を公開するイベント、Google Atmosphere Tokyo 2016が6月14日、15日に開催された。本稿では、『Googleの機械学習テクノロジーが変える新しい働き方』と題して行われたセッションについて紹介していこう。

まず、はじめに登壇したのはGoogle Inc. のエンタープライズビジネス部門シニア・バイス・プレジデントを務めるダイアン・グリーン氏。グリーン氏は、VMware Inc.の社長、EMC Corporationの副社長を歴任するなどテクノロジー業界で20年以上の実績を持ち、クラウドやビッグデータ、マシンラーニングといったテクノロジーから新たな洞察を引き出すことに取り組んでいるという。

グリーン氏は、Googleが生み出すスマートでモダン、そしてセキュアなアプリケーションおよびテクノロジーを、あらゆる規模の企業、業種に対して提供していくと語り、クラウドによって時と場所を選ばないクリエイティブワークが可能となったGoogle Apps for Workの利便性や優位性について紹介。クラウドソリューションを手掛けるGoogleならではの柔軟性、そして競争力ある料金設定で、小規模のスタートアップ企業はもちろん巨大企業にまで対応したサービスを提供している。

また、強力なデータ解析用ツールを提供することにより、データサイエンティストと呼ばれるスペシャリストが存在しなくても企業が有しているデータから様々なビジネスチャンスを生み出す可能性を与えてくれている。この秋には東京にクラウドプラットフォームリージョンが開設されることにも触れ、ビジネスのニーズに合ったデータ解析を必要なときに得られるようになるとも述べた。

スタートアップからSMB、そして大手といった様々な日本の企業がGoogleの提供するサービスを使ってITを変革に寄与し、生産性を劇的に改善していると述べるとともに、よりいっそうの顧客満足度向上に努めると語っている。

○「モバイルファーストからAIファーストへ」を体現するGoogle Springboardに期待大

次いで登壇したGoogle Appsのエンジニアリングを統括しているプラバッカー・ラガバン氏は、同社CEOのサンダー・ピチャイ氏が発言した「モバイルファーストからAIファーストへ」という言葉を引き合いに出し、今非常に大きな変革が起きていると述べた。その大きな変革は、マシンインテリジェンスによってもたらされていると語り、ユーザーインターフェースがインテリジェンスを備え「AIこそが新しいUIだ」という変革に着目した企業がこの世界で生き残っていくと述べた。

ラガバン氏は、昨今のビジネスパーソンにおけるコミュニケーション量が爆発的に増加していることに触れた。マネージャー職は1970年代には年間5,000件程度であったのに対し、現在では年間50,000件ものコミュニケーションに追われている。結果、週に6.5時間しか自分の時間がとれなくなっているのが現状だという。この爆発的に増加したコミュニケーション量に忙殺されるビジネスパーソンを救う手立てのひとつとして、機械学習やAIに期待が寄せられている。

●生産性向上を加速するGoogle Appsたち
数多の情報を検索し本当に必要な情報を塊として提供してくれるインテリジェンスな機能。その一端を垣間見られるのが、Google Inboxのスマートリプライだ。機械学習によって着信したメールに返信が必要か必要で無いかを解析し、返信が必要な場合に3パターンの返信文面案が示されるというサービスだ。数多くの情報が飛び交う昨今、「大切なメールがどうでもいい複数のメールによって埋もれてしまう」というケースも多いなか、まるで秘書のように情報を取捨選択してくれるのは心強い。その他にも、Google スプレッドシートに記載されたデータから最適なグラフを自動作成する機能「Explore」、そして、定めた目標を達成する、ゴールを目指すスケジュールを自動作成する「Goals」が紹介された。

さらにラガバン氏は、新しいGoogleサイト、そして前述した「数多の情報を検索し本当に必要な情報を塊として提供してくれるインテリジェンスな機能」を備えたGoogle Springboardについて話は及ぶ。ユーザーはクエリを投げかけるのではなく、Googleのクラウドサービスを横断的に解析し、AIがその結果に基づきプッシュ型で情報を提供してくれるというものだ。例えば、カレンダーに記載したクライアントへのプレゼンテーションの日程、作成しているドキュメントの内容などから「資料作成にこういった情報はいかが?」といった第三者的視点での情報を与えてくれる。必要なときに必要な情報を最適なタイミングで与えてくれるのだ。

機械学習やAIが身近なものとなり、莫大な量のコミュニケーションに割かれる時間やジャストインタイムでサジェストしてくれるサービスにより、働き方はもちろん、人と情報とのコミュニケーション方法まで変革しようとしているのかもしれない。

(渡部仁)