高解像度音質を追及しながら、見た目も美しいハイレゾモデル

写真拡大

エレコムは「創立30周年」を記念して、ポップなデザインのヘッドホンシリーズ「Colors」から、ハイレゾ音源対応モデルと、カラフルなカラーを取り揃えたハイファイモデルの2製品を2016年6月下旬に発売する。

ハイレゾ音源に対応したモデルは「EHP-R/CC1000xシリーズ」。音楽CDの3倍以上の情報量にも対応して再生する。直径8.8mmのダイナミックドライバーを採用し、力強い低音と伸びやかな中高音を再現。また、前置ネオジウムマグネットにより、ダイヤフラムの振動スピードを加速させてより力強い低音に。

さらに、超多層フィルムを素材にした高剛性振動板の採用で残響を抑え、ドライバー、ボールピース、マグネットを同軸上に配置する音孔構造と高い剛性のある真鍮のリアハウジングにより、不要な振動を抑制したという。

内外の硬度を変えた「デプスフィットイヤーキャップ」と、装着時の奥行き2段階調整機構でフィット感を向上。3サイズのイヤーキャップ、コードキーパー、専用ポーチが付属する。

ポータブルオーディオプレーヤーなどの従来サウンドの再生に適したハイファイモデル「EHP-CC100xシリーズ」は、左右で異なるカラーの遊び心あふれるモデル。直径8.5mmのダイナミックドライバーは、フラットでバランスのよい音を再現。6.5ミクロンのPETフィルムによりレスポンスよく、ネオジウムマグネットの採用でコンパクトながら幅広い音域をカバーし、キレのよい低音とクリアな高音質を実現するほか、独自設計のバスポートで低音表現を向上したという。

4サイズのイヤーキャップと、ヘッドホン単体モデルにはコードのからまりを防ぐスライダーが付属する。

2製品とも、1.2mのケーブルに、金メッキ仕様のL型プラグを採用。ヘッドホン単体モデルに加え、4極ミニプラグ付きのスマートフォンなどに対応した、通話も可能なマイク付きモデルも用意されている。カラーは、「EHP-R/CC1000xシリーズ」が6色(マイク付きモデルは3色)、「EHP-CC100xシリーズ」は、8色をラインアップ。

いずれもオープン価格。