質感の高いラウンドフォルムと堅牢性による安心感

写真拡大

NTTドコモは、富士通製スマートフォン「arrows SV(アローズ・エスブイ) F-03H」を2016年6月下旬に発売する。

約5.0型(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。カラーごとに質感の違う背面パネルと、バイクのブレーキにも使用されるハードアルマイト処理のアルミフレームを採用。丸みを帯びながらもコーナーに凹みを作ることで手の中に収まり、縦でも横でも持ちやすいフォルムだという。

集光効率に優れ暗いシーンでも鮮明に撮影できるF2.0レンズや高感度イメージセンサーを備えた約1310万画素メインカメラ、広角対応でグループショットにも適する約500万画素サブカメラを搭載する。

IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵に加え、米国防総省調達基準「MIL-STD -810G」14項目に準拠した耐久性を備える。日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」を搭載したほか、アンテナ内蔵の「ワンセグ」、「おサイフケータイ」などの日本仕様に対応。

OSは「Android 6.0」、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSDXC(最大200GB)メモリーカード、IEEE 802.11 a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。バッテリー容量は2580mAh。

カラーはゴールド、ブラック、ホワイトの3色。