カビは健康被害の原因になるので要注意

写真拡大

花粉がおさまったと思ったら黄砂だなんだと結局部屋干し……。梅雨が来たら部屋干しの臭いとカビの恐怖が。マンションやアパート暮らしでも防ぐ手立てはあるの?カビの対策法を伝授します。

■ カビは健康被害が起こるから注意が必要

カビは固まっているように見えても胞子なので、目に見えない小ささであちこちに散らばってしまいます。カビは臭いの原因となるばかりでなく、アレルギーを起こしたり水虫の原因にもなったりします。食品がカビたら食中毒の危険も。カビはできないように予防するとともに、徹底的に排除しなくてはならないのです。

■ カビは湿度と温もりが大好き

カビは梅雨の時期から増えそうな気がしますが、実は春から繁殖は始まっているのです。カビが大好きなのは湿度・温度(20度〜30度)・酸素・栄養(汚れやホコリ)。春は湿度が少ないだけで他の条件は全て揃っているのです。湿度が増えれば一気にカビが繁殖してしまいます。梅雨になる前のカビ対策がとても重要なのですね。

■ カビのエサを減らしてカビ予防を

カビが生えやすい浴室やトイレ、台所などの水回りは、汚れや洗剤を洗い流してからアルコール消毒します。浴室は使用後に冷水シャワーで流し、スクイージーなどで水分を拭き取りましょう。換気扇は常に回しっぱなしで。部屋干しする場合は、部屋干しする部屋の扉は少しだけ開け、扇風機があるなら扇風機の風をあてると臭いがする前に乾燥させることができます。洗濯物と洗濯物の間隔、洗濯物と壁や窓との間隔も十分に取りましょう。 家具と壁は5センチくらいの隙間を開け、隙間を掃除したらアルコールを吹きかけて風を送り乾燥させます。布団はファブリーズなどの除菌スプレーをしっとりするまで吹きかけたあと、布団乾燥機か扇風機をあてて乾燥させます。絶対にしてはいけないのはカビを掃除機で吸うこと。排気から部屋中にカビの胞子をまき散らすことになります。水拭きもカビを繁殖させるだけなので、水拭きした後は必ずアルコールで拭き取りましょう。

■ とにかく清潔に

カビ対策はとにかく、清潔にする、隙間を作って風を送る、換気が難しい場所はアルコールで消毒することです。爽やかなお部屋で過ごせるように頑張りましょう。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)