美しい暮らしをキープするためには、整理整頓をして“捨てることも大事”という価値観が根付いてきています。確かに、ゴチャゴチャした部屋に暮らしていると肌荒れが起きやすかったり、吹き出ものが出やすかったりする気がしませんか?

株式会社サマリーが既婚者600人に行った調査によれば、なんと7割ものひとがお部屋の“モノ”が原因で夫婦間のトラブルにまで発展しているのだそう! さらに3割を越えるひとが、モノに関するトラブルがきっかけで、離婚が頭をよぎったことがある、と回答しています。

“モノ”は美容や男女関係など、私たちの生活に多大なる影響を及ぼしているようですね……。そこで今回は、“物バトル”の原因ワースト3をお伝えします。

■ワースト3位:相手にはゴミにしか見えない「趣味の道具」

同調査によれば、約3人に1人がモノに関するトラブルがきっかけで離婚が頭をよぎったこともあるそうです。その具体的な原因として25.6%が挙げワースト3位になっていたモノは、「趣味の道具」という結果に。

共通の趣味ならばまだしも、夫や妻どちらか一方がハマっている趣味のお道具は相方にしてみれば「邪魔……」としか言いようがないのかも。

バトルのせいで関係が冷え込んでも残念ですから、トランクルームを借りるなどして整理したほうが賢明といえそうです。

■ワースト2位:無尽蔵に増える「本」

続いて、同ランキングでワースト2位になっているアイテムは32.9%が選んだ「本」です。本を読み終わった後に、書棚などにしまっておくひとも少なくありませんが、書棚はスグいっぱいになってしまうのが難点ですよね。置き場がなくなった本は、テーブルの上だったりベッドの横だったりに積まれてしまうことも。

本が散らかっていると部屋全体が雑然として見えますが、相手の本を勝手に捨てるわけにもいかず、バトルを勃発させやすいのかも?「書棚からはみ出る分は、そのタイミングで書籍全部を見直して整理整頓する」などのルールを設けておくと、無尽蔵に増え続けなくて良さそうです。

筆者も、自宅の納戸を書庫にしていますが、棚から溢れたら必要なものか見直すルールを作っています。

■ワースト1位:カラダはひとつだけどたくさん欲しい「洋服」

そして、同ランキングでワースト1位になったアイテムは、44.3%が選んだ「洋服」という結果に……! 夫も洋服好きなタイプだと家中が服でいっぱいになってしまいますよね!

また、一部の男性は女性のファッションへのこだわりを理解し難いとも言われていますから、「なんで、カラダはひとつなのに服がこんなに必要なんだよっ!」とか言われつつ、捨てるように言われている妻もいるかもしれません。

増え続ける洋服は衣替えのタイミングで、シーズンではないアイテムだけクリーニング店に預かってもらうようにするのも手です。費用はかかりますが、トランクルームを借りるより安価なケースが多いのではないでしょうか。

モノのせいで離婚話にまで発展したら……! 悔しいですよね。あなたも、モノのせいで彼氏や夫と言い争いになったことがありますか? 美しくなるためのアイテムなのに、喧嘩の原因になっていたとしたらガッカリです。急いで対策を講じましょう!

【画像】

電話直後の●●メールで彼デレデレ!男と女「連絡の神タイミング」